無料ブログはココログ

2018.02.21

南方熊楠生誕150周年記念企画展

先週、何年ぶりかで上野の国立科学博物館に行き、「南方熊楠生誕150周年記念企画展」というのを見てきた。

以前から興味はあったが、ほとんど知らなかった南方熊楠を知る良い機会だと思って出かけた。

和歌山県出身で、粘菌の研究者で、大英博物館にいたことがあるというくらいしか知らなかったが、想像以上の偉大さであった。

行ってみると科学博物館は、65歳以上無料で身分証明書を見せるだけだった。しかもこの展示は特別展ではないので常設展示と一緒に見ることができる。

入り口

P2130380w800


 


そこで見上げた内部の天井(久しぶりに見た)

P2130385aw800


 


中は結構広くて展示物も多く、フラッシュは禁止だが写真撮影可能とある。(モニター画面等は禁止)

東京の学校では夏目漱石や正岡子規と同窓とか、明治の初期にアメリカで20歳から4年ほど暮らしてキューバにも一人で採集旅行に行ったとか、その後ロンドンで5年ほど暮らし、帰国後は隠花植物の研究で膨大な資料と標本を残した等々、知らないことが多かった。

この時代にアメリカをこんなに歩いた日本人はほとんどいないらしい。

P2130350w800

 
 


いずれにしろ大変興味深い展示会であった。

気になるところはコンパクトカメラでいろいろと撮影したが、展示内容をまとめた30ページほどの冊子があり、これは館内の係員に頼めばもらうことができた。

展示会は、3月4日が最終日です。
 


粘菌(変形菌)に興味があったが、昨年六本木で佐藤岳彦さんの写真展で見て、これは撮影してみたいと思うようになった。

P8210146w800


 
 


早速、図書館で「粘菌生活のススメ」と「世界は変形菌でいっぱいだ」を借りてきた。

変形菌とは動物でも植物でも菌類でもなくアメーバ動物の一種だという。


今年は長池公園や清水入緑地で探して是非撮影をしてみたい。
 

 
 

2018.02.19

今年もシマアジ

先日、ミニ遠征できれいなシマアジのオスを見てきた。

何だか変わった名前ですが、高級魚の魚ではなく、野鳥のカモの仲間です。

A2174310w800


 

同じところにいたので、多分昨年と同じシマアジでしょう。

大陸から渡ってくるのですが、どうしてピンポイントでこの場所を覚えているのだろうか。
不思議です。


 
メスや渡来時のオスは地味な羽根ですが、北帰行のころになるにつれてオスはだんだんきれいな羽根になってきます。

A2174302w800

 
通常、はるか南で越冬して渡りの途中に見られることが多いが、ここでは越冬している。
さて、来年も来るのだろうか。

 

2018.02.18

小山内裏公園でバードウォッチング

今日は、真っ青な空で気持ちよく晴れて、バードウォッチング日和。

知り合い二人と、小山内裏公園の、里山カレッジ講座 中級編 冬のバードウォッチングに参加した。
講師は、野鳥カメラマンの叶内拓哉さん。
30名ほどの参加で、午前中はサンクチュアリを含めてゆっくりと園内を一周。
今年は冬鳥が少ないと言われるが、やはり多くはない。
冬鳥の日本への渡来時期には、竜飛岬などものすごい数が見られたので、今年はすごいのではと思えたとのこと。
でも、雪や気温のせいなのか、どういうわけなのか実際には非常に少ない年となってしまった。

昨年はサンクチュアリでいろいろと楽しめたが、今年は中に入ってもめぼしい鳥に出会えず。
いつも見られる鳥は一応出てくれて、21種見られた。

A2184621w800_2


 
A2184699w800_2

 
 

午後は、叶内さんが撮影した野鳥をプロジェクターで見ながら、豊富な話題の話が聞けた。
 

2018.02.09

蕾ふくらむ


日本海側では大雪の被害もあり、寒さも続いている。

しかし、尾根緑道は穏やかな陽ざしで歩く人も多く、残雪は残るものの風も弱く春の訪れも感じられる。

真っ青な空をバックに、河津桜の蕾もだいぶ赤みを帯びてきていた。

A2093864w800


 
 


近寄ると蕾が広がろうとしている。

A2093863w800


 


写真中央の白い部分は、遊歩道の端の残雪が写っている。

寒さももう少しだ。

2018.01.31

スーパー・ブルー・ブラッドムーン

めったに見られないというので一応ベランダで撮ってみました。

地球に一番近づくスーパームーンと、月に2度目の満月となるブルームーンと、皆既月食による赤っぽいブラッドムーンが重なるのは珍しいとか。

最後のブラッドムーンだけですね、実感があるのは。

寒かった。

途中で、電池あるのにピカピカと電池マークが点滅し始めた。

室内に入ったら、50%残っていたのに。

まわりの小さな星も写っていました。

A1312864w800


2018.01.25

雪景色いろいろ

雪の日、早朝雪景色を撮影したが、これだけの雪なのでしばらくは残りそうである。
その日の午後も撮影してみた。
そして昨日は駅前と多摩センターへ出かけたので、コンデジでの撮影をしたので、それらをいくつか選んでみた。
雪の日は、やはりいつもと違う世界が撮れる。


午後2時半ごろになると、日当たりの良いバス通りは雪も解けていた。

A1232715w800

 

望遠で見た家並みは屋根に雪があり、西陽を浴びていやに色鮮やかに見えた。(実際の見た目が鮮やかだったので、やや彩度を上げています。)

A1232738w800
 


斜面の生垣もいつもと違って見える。

A1232768w800


 

人が通るところは、誰かが雪かきをしてくれたようだ。

A1232789w800

 

昨日の昼頃にはだいぶ解けたが、中郷公園はまだ真っ白。

P1240251w800

P1240249w800


 

駅前の建物は、雪の重みで傾いたのではなく、いつもこんな斜めになっている。

P1240259w800
 

多摩センターの乞田川の岸の歩道はほとんど人が歩かないのに、楽しそうに少女が歩いていた。

P1240257www800


 
 
南大沢はどうも他よりも雪の量がいつも多いので、しばらくは残りそうである。


2018.01.23

雪の朝

テレビのニュースでは、なぜか八王子の雪の報道が多い。

確かに八王子はたくさん降ったが。

夜中まで雪で、朝晴天になるのはなかなかないので、珍しく早起きで近くの公園へ行ってみた。

足跡のない公園を撮りたかったので。

撮影していると、やがて陽が当たり始めた。

A1232672w800_2

バス通りは何とか車も通れるようだ。
 
A1232699w800


2018.01.21

カワウ

境川に婚姻色のカワウが一羽いた。
狭い川幅なのでゆっくりならかなり近寄れるかなと思ったが、20m位のところで、にらまれて川上へ飛んで行ってしまった。

A1192333w800
 


尾羽をこんなに開いているとは知らなかった。

A1192332w800

 
 


OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII
M.ZUIKO DIGITAL ED40-150mm F2.8 PRO
M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14
トリミングしてあります。

2018.01.06

ヤギを見かけるようになった

またまた、久しぶりの書き込みになってしまいました。

今日は、気温は低いが気持ち良い青空になったので、自転車でのんびりとぶらぶらとしたら、ヤギがいた。

南向きの斜面でのんびりと気持ちよさそうな顔をしている。

A1061950w800


 

小山が丘のふれあい町田ホスピタルの南斜面に4頭いて、立派な髭のあるのが1頭。

A1061947w800


 


そのほかでもこの近郊で、ヤギを見かけることが多くなってきた。

昨年、多摩センター駅近くにも何頭かいた。

Pa050001w800


 

そして南大沢駅近くのヤマザキ学園の線路側斜面にも昨年いた。 最近見かけないが。

A4140497w800


 

ずっと以前だが、中山小学校にも1頭いた。ここも、今もいるのだろうか。

A4043692w800


 

草取りに最適というので、ヤギを使っているところも多いようだ。

なんとなく優しい顔で、のんびりしていていいなあ。

今日の4頭は、みんな角があったが、角があるのはオス、ではないそうだ。

メスも角があり、さらに角がないオスもメスもいるそうだ。知らなかった。

2017.11.19

スミレ咲く

全く、忘れたころの更新ですね。
東京を離れている期間が長いのもあるのですが・・・・

昨日、久しぶりに出た長池公園生き物図鑑の勉強会で、Kさんから「スミレが咲いているよ。」と教えてもらった。
今日の午後早速行ってみた。
いつもこのブログで紹介するスミレの交差点である。

Ab199493w800_4


 

4か所くらいで数株づつ咲いていたが、歩道のアスファルトの隙間から出て、車の人はもちろん、歩道の人もほとんど気づいていない。
一組の夫婦だけが、何を撮っているのですかと聞いてきて、スミレと答えると驚いて熱心に観察していた。

Ab199524w800_2

 
 
春のようにびっしりと咲いているわけではないので、よく見ないと気が付かない。

Ab199568w800_2

 
 
カツラの黄葉や、枯葉の中でスミレが咲いているのを撮影するというのも、なかなか不思議な気がする。

Ab199550w800_2

 
 
撮影していると、ピーポーと聞こえてきて、救急車がすぐわきを左折していった。

以前ここでしゃがみ込んで変な格好をしていたら、知り合いが車から見ていた様で、かみさんが「旦那が何か交差点で撮影していた。」と言われたそうだ。

«キノコ

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28