2020.01.20

カワセミ

我が家から150mもないところに、カワセミが来ているという。

ここでは数年に一度見かけることがあるが、ほんの立ち寄り程度である。

なかなか出会えなかったのだが、昨日は来ていた。

A1194551w800

 

A1194612w800

 

そして今日も来ていた。

A1204774w800

A1205070w800

 

A1205228w800

 

いずれも午後の傾いた陽を浴びてきれいな青である。

なかなか餌はとれないようだが、何かしらとれているから通ってくるのだろう。

 

 

 

 

2020.01.13

どんど焼き開催

暖かく風もない良い天気で、小山内裏公園のどんど焼きが無事行われた。

まだ腰痛が少しあるので、コルセットをして自転車で出かけ、10時頃に到着するともう大勢の人で混雑していた。

囃子も行われている。

A1134393w800

 

以前周辺の木に火が移ったこともあり、乾燥もしているので、放水が行われている。

A1134403w800

 

15分前にはもう大勢の人が丸く取り囲み始める。

M1138903w800

 

そして、11時を過ぎると点火が始まった。

A1134414w414

 

あっという間に燃え広がる。

A1134424w800

 

1分半ほどで炎も最大になった。

A1134514w800

 

風は弱いのだが、2分ほどで燃えカスが舞い始めた。

M1138936w800

 

昨年の二の舞はご免なので、やや後ろへ避難する。

M1138949w800

 

やはりここの規模は、多摩地域でも最大級のようである。

周辺への飛び火もなかったようで、火が少なくなるのを待ってまゆ玉の炙りが始まるが、その前にここを後にした。

 

 



 

2020.01.10

小山内裏公園第18回どんど焼き

正月も過ぎ、あっという間に10日になってしまった。

今年も気まぐれな更新ですが、よろしくお願いいたします。

 

 

さて、今年も小山内裏公園のどんど焼きが来週行われるようです。

 

1 日時  令和2年1月13日(月・祝)10時~14時 ※荒天または強風中止

2 場所  小山内裏公園パークセンター前「里山広場」

3 内容
(1)まゆ玉団子引換券販売  10時~
   1本:200円 (先着500本、1人2本まで購入可。無くなり次第販売終了。)

(2)ヤグラ点火・お焚き上げ 11時~

(3)まゆ玉団子炙り     11時30分~

 



年々人も多くなり、盛大になってきて、この地域では最大級のどんど焼きである。

これは昨年の模様です。→クリック

A1147749w800

 

昨年はこの角度から撮ろうと風下にいたので、火のついた燃えカスが降ってきて、化学繊維のコート、帽子、ザックに被害が出てしまった。

今年は、気を付けよう。

 

小山内裏公園のHP

 

 

 

2019.12.30

今年もあと1日

あっという間に今年も終わろうとしている。

久しぶりに5月に写真展をしたのだが、その内容をどこかに載せようと思いながら今日になってしまった。

こんな写真を載せていますので、よろしかったらクリックして見てください。 → クリック

 

今年もご覧いただきありがとうございました。

来年もよろしくお願いいたします。

 

201902

 

 

 

 

 

 

2019.12.23

シンテッポウユリ 狂い咲き(返り咲き)記録更新?

今朝起きると、南大沢ではうっすらと雪化粧であった。

 

正月が来ようというそんな中、遊歩道ではシンテッポウユリが咲いている。

8月にはおびただしいほど咲くシンテッポウユリだが、昨年12月8日に1輪咲いているのを見かけて驚いた。

今年11月15日には、昨年とは全く違うところで咲いているのを見かけた。

 

そして12月に入って、一昨日、その近くで2輪咲いているのを見つけた。

昨年の記録を更新した。

Ac204262w800

 

 

最近は狂い咲きというのを嫌い、返り咲きと言う人もいるらしい。

Ac204259w800

 

 

今日通りかかると、一昨日と同じように咲いていた。

 

この花が少ない時期にユリが咲いていると、ものすごく目立つ。

まだ数日は見られそうだ。

 

この仲間は交雑が複雑なようだ。

3年前の記事はこちらです。→ クリック

5年前の記事はこちらです。→ クリック

 

 

 

2019.12.10

カエデ、モミジ、紅葉???

 

南大沢の紅葉もそろそろ終盤かなと思うが、今年はたくさん写真を撮った気がする。

と、書いてこの「紅葉(こうよう)」という文字は、「もみじ」とも読みますね。

今回は、イロハモミジの紅葉写真を載せようとして検索すると、「カエデとモミジの違いは」とか、「イロハモミジはイロハカエデとも言う」とか、たくさん出てきて混乱してくる。

「紅葉」に対して、黄色く色づくのは「黄葉」と書いたりもする。

さらに、モミジでも黄色くなるのもある。

まあその辺りには、あまりこだわらないで、気に入った写真を載せてみましょう。

 

 

カエデの色付いたのを撮影してまわると、南大沢にはなんとカエデが多いことか。

それに早々と散ってしまった木があるかと思うと、まだ緑色でこれからのもある。

でも本当にきれいなのはわずかな期間で、あっという間に茶色や黒っぽくなってしまい、見頃を逃してしまう。

 

今年撮影したものを日付順に載せてみます。

 

1125

溜池公園      M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO

Ab253409a3w800

 

 

南大沢中学校 南斜面 M.ZUIKO DIGITAL ED40-150mm F2.8 PRO

Ab253348w800

 

 

12月1日

首都大学東京   M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO

Ac013534ww800

 

 

首都大学東京   M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO

Ac013550w800a

 

 

南大沢小学校東   M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO

Ac013572w800

 

 

 

12月2日

長池公園遠望    M.ZUIKO DIGITAL ED40-150mm F2.8 PRO

Ac023609ww800

 

 

こうしてみると、赤い木はほとんどカエデなのでずいぶんある。

この日は曇っていたので、後日、晴れた日にこの中央付近のカエデを撮りに行ってみた。

 

 

12月4日

長池公園   M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO

Ac043774ww800

 

 

 

清水入緑地    M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO

Ac043689w800

 

 

清水入緑地   M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO

Ac043695ww800

 

 

12月8日

大平公園    M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO

Ac083975w800

 

 

南大沢3-2遊歩道     M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO

Ac083984w800

 

 

最初の頃は、今年はあまり紅葉もきれいでないのかと思っていたが、なかなか鮮やかで楽しませてくれている。

もう少し続きそうである。

それぞれの写真の使用レンズは載せたが、カメラは全てOLYMPUS OM-D E-M1 MarkIIである。

 

 

 

2019.11.23

ナンキンハゼ 紅葉

秋晴れが続いていたが、昨日から寒い雨で明後日あたりまで続くようだ。

南大沢周辺の紅葉を見て回っているが、駅前のアウトレットのナンキンハゼは一部紅葉が始まった程度。

Ab193140a3w800

 

 

ナンキンハゼは、緑の葉、花、実、紅葉、白い種子とどの時期もきれいなので、街路樹や公園に増えてきた。

 

唐木田駅近くの公園で初めて見た時は、何だろうこの木はと思ったものだが、その後アウトレットの街路樹になっていつも見られるようになった。

別所小学校の西側に並木があるのを知っていたが、紅葉の時期に通らなかったからか、これほどきれいだとは思わなかった。

Ab213306aw800

 

 

まだ緑色の樹もあるので、もう少しで全部赤くなりそうだ。

Ab213284w800  

 

 

 

 

2019.11.20

イチョウ色づく

晴天が続き、紅葉の写真を撮って歩いている。

清水入緑地の大きなイチョウは陽当たりが悪い窪地なのでまだ早いが、他のところではきれいに色づいている。

 

前回記事のトウカエデを撮影に行った時、多摩美の構内にも入らせてもらった。

警備員に断れば自由に歩いて撮影することができた。

ここはイチョウが多く、きれいだった。

Ab183068w800

 

 

昨日は首都大学のイチョウを、いつもとちょっと違く角度から撮ってみた。

Ab193176w800

 

そしてニュータウン通りのイチョウもきれいだ。

見晴歩道橋から逆光で、尾根緑道のトンネル方面。

Ab193125w800

 

振り向いて南大沢駅方面。

Ab193129w800

 

ニュータウン通りの南側の歩道橋から。

Ab193136w800

 

北側の歩道は通行止めでいまだにブルーシートと土嚢がたくさん積んだままである。

そしてその上の5丁目の遊歩道も一部通行止めのまま。

ここは、19号台風の時の大雨で崩れて水が滝のように流れていたとのこと。

南大沢では比較的被害がなかったが、ここだけは結構な被害であった。

 

 

 

2019.11.18

トウカエデ紅葉

今日は朝雨が降っていたが、すぐに晴れて良い秋晴れとなった。

しかし風は強かった。

多摩美術大学へ行くバス通りのトウカエデの紅葉が見事だった。

左側が尾根緑道。

Ab183013w800

 

風に舞う葉もきれいだった。

Ab183005w800

 

歩道は落ち葉でいっぱい。

Ab183020w800

 

更に進んで、多摩美術大学のところではカーブになり見事な紅葉。

Ab183034w800

 

逆光でも撮ってみる。

Ab183046w800

 

多摩美術大学の図書館をバックにフィッシュアイレンズ撮影。

Ab183050w800

 

ここのトウカエデの街路樹は、スーパー三徳のところから1.5kmくらいあるが、このあたりが一番見事かもしれない。

 

 

帰りに小山内裏公園の多摩境側の入り口を通ってみたら、トウカエデが何本かあるが、そのうちの1本が見事な紅葉であった。

Ab183112w800

 

 

南大沢近辺の街路樹マップは以前に紹介したが、ここでダウンロードできます。→ クリック

紅葉はまだまだいろいろな樹々で続きますね。

 

 

 

 

 

2019.11.14

ピンオーク

今日は昼過ぎまでは秋晴れで温かく気持ちの良い天気だったが、午後だんだん雲が増え寒くなってきた。

 

そんな午前中、自転車では初めてのところへ出かけたのだが、何しろ急坂を登らなくてはたどり着けない。

南大沢から大栗川を越えて、ひな鳥山の道を登って行ったので。

 

前から気になっていたピンオーク(アメリカガシワ)が見たくて、野猿峠近くの大学セミナーハウスへ行き、「大学セミナーハウス樹木マップ」を見ながらこれかなと言う大木を見つけた。

松下館のすぐそばの大木である。

Ab142844w800

 

足元を見ると、見慣れない葉がびっしり。

おお、この葉だ、ピンオークだ。

Ab142847w800

 

 

なるべく平らな欠損の無い葉を見つけて、切り株にのせてみた。

大きさは12cmくらいで茶色であるが、アメリカやカナダでは赤くなるそうである。

Ab142849w800

 

 

幹はこんな感じで、直径40-50cmだった。

Ab142845w800

 

 

残念だったのは、現地でドングリを探さなかったこと。

葉を探していて実は全く見なかったので、あったのかなあ??

 

その後12時を過ぎると、どこからか学生が次々と出てきて下の方へ歩いていく。

今日は食堂が使えそうと行ってみた。

Dining Hall やまゆり と言う数年前にできた建物がある。

Ab142890w800

 

 

入り口に見学者歓迎とあるので、聞いてみると大丈夫だった。

12時から1時間だけで、それもセミナ宿泊者がいる時だけということで、毎日ではないらしい。

Ab142889w800

 

入ってびっくりしたのは明るくて広いこと。

ガラス窓は広く外の紅葉がよく見え、さらに眺望が良いので南大沢方面のニュータウンや丹沢や富士山も良く見える。

Ab142880w800

 

こういう少し高いところからの、良い眺望のレストランが好きなのでこれはいい。

こんな場所を探していたので、嬉しい。

ランチはカツ定食の一種類で、まあ学食風である。

いつ来ても食べられると、とても良いのだが。

 

この建物を下から見ると、山の中腹にありテラスは張り出していた。

Ab142895w800

 

 

この建物は、今年度開始された「ウッドシティTOKYOモデル建築賞」の奨励賞を受賞したとのことである。

木材利用の新たな可能性を開拓する革新的モデル的な建築物、木質空間を表彰するようだ。

 

帰りは中山経由とし、とても楽しい半日を過ごせて満足だった。

 

 

 

 

 

 

«カツラの紅葉