« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月の8件の記事

キバラヘリカメムシ

一昨年、ニシキギで大発生したが、昨年は見なかった。
今年、清水入緑地のマユミで大発生していた。
この虫がふしぎなのは、成虫もいれば、一齢幼虫まで、いろいろな大きさの幼虫が一緒にいることである。
成虫は割合おとなしい色になるが、幼虫は、光沢はあるし、黄色い部分が多いので大変目立つ。
小さな幼虫が黄色いお尻を上げている姿は何ともユーモラスである。
P7302969a350


P7302930a350


P7313105a350

OLYMPUS E-300   ZUIKO DIGITAL 50mm MACRO

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ゴマダラチョウ

午前中、近所を回って新発見。
最初は、イチモンジチョウかと思ってしまったが、ゴマダラチョウがいた。
今年の5月22日のこのブログにも書いたのだが、今年は何とか3種類のチョウの写真を南大沢で撮りたいと思っていたのだが、やっと2種撮れた。
ウラゴマダラシジミも撮れたので、オオムラサキだけ残ってしまった。
ゴマダラチョウは、きれいに3個並べて卵を産んでいた。
このチョウは南大沢で生まれたものものなのか、他から飛んできたのだろうか。
もっと、以前のように見られるようになるといいのだが。

P7302910a350
OLYMPUS E-300   ZUIKO DIGITAL 50mm MACRO

P7302915a350
OLYMPUS E-300   ZUIKO DIGITAL 50mm MACRO

P7303005a350
OLYMPUS E-300   ZUIKO DIGITAL 50mm MACRO


| | コメント (0) | トラックバック (1)

チョウゲンボウ

今日の午後、南大沢の駅前で久し振りにチョウゲンボウを見た。
小型のタカの仲間で、飛んでいるときに尾羽が長くスマートに見える。
空中の一点で羽ばたきながら止まる、ホバリングも得意である。
イトーヨーカドーとフレスコの間でゆったりと回り、フレスコの窓枠に止まった。
車から見ただけなので、写真は無し。
以前撮った写真を載せます。
窓枠に止まった所を、イトーヨーカドーの駐車場の屋上から、デジスコで撮ったものです。
チョウゲンボウは繁殖時、比較的人造物で繁殖する。建物や橋げたをうまく利用する。
このあたりでも繁殖は可能だ。

P6090945c

今日は、残念なことも・・・・
清水入緑地で、ヤマユリがもう少しで咲くところだったのだが、今日行ってみるとなんとナイフのようなもので取られてしまっていた。遊歩道沿いなので、楽しみにしていた人も沢山いると思うのだが。

P7232605a350

| | コメント (2) | トラックバック (0)

涼しく過ごしやすい1日

昨日は、朝方、信州にでもいるような涼しさだった。
午後になると、やや気温も上がってきて、夕方には震度4の地震もあったが。
午前中、清水入緑地でベッコウハゴロモが成虫になっているか見に行った。
ところが、ベッコウハゴロモは見つけられなくて、アミガサハゴロモの成虫は沢山いた。
どうなっているのだろう。アミガサハゴロモの幼虫ってどんなのだろう。ハゴロモ類はまだまだ知らないことが多い。
長池公園に行ったら、ベッコウハゴロモの成虫も見られた。
更に、まだゼフィルスがいた。先週、ミドリシジミをGさんが写真に撮ったのを見せてもらった。ウラナミアカシジミは自分で見つけてびっくりした。今日は、オオミドリシジミのメスが飛んでいた。まだ、見ることが出来るのだ。
午後は、長池生き物図鑑の7月勉強会。その後、多摩川のツバメの塒一斉調査。
多摩川と浅川の合流点付近で、新たなねぐらを発見した
四谷橋下流では、18,000羽に増えたそうだ。
ツバメのねぐらに興味のある方は、下記HPを参考にしてください。
http://homepage3.nifty.com/tamatsubame/map.html

アミガサハゴロモ
P7232613a350

ベッコウハゴロモ
P7232771a350


| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏到来

急に蒸し暑くなってきた。
梅雨明けの便りも聞かれるが、関東はいつになるのだろう。
セミの鳴き声も多くなってきた。
ニイニイゼミは7月の初めあたりからぽつぽつ聞かれるようになったが、最近はだいぶ増えてきた。
ヒグラシも3日ほど前から急に多くなってきたように思える。

多摩川では、キリギリスが沢山鳴いていた。
また、多摩川の塒に集まるツバメの数がだんだん増えてきたようだ。
ツバメのねぐら入りを見たい方は今年是非見てください。
数万羽のねぐら入りは、初めて見るとびっくりしますよ。
来週ツバメの塒の一斉調査なので、また様子をお知らせします。
ツバメはヒナが巣立つと、夜寝る時には巣ではなく、河原のヨシ原などに沢山のツバメが集まります。
それが多いところは数万羽になります。そして、越冬地に渡る8月頃まで集団で過ごします。

長池では、sasa
ササキリの幼虫がいた。何ともかわいい形である。背中に何か背負っているようだが???
アゲハチョウの幼虫の頭をちょっとつついたら、体を縮めて、オレンジの角を出したが、すぐに引っ込めてしまった。

P7162391a350


P7162401a350

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小さなキノコ達

野鳥は1回目の子育てが終わり、ヒナが目に付く。
甘えた声で鳴いている。
大平公園では、カラスのヒナが鳴いて飛び回っている。
池では、コウホネの真ん中辺りにカルガモがいた。
夏いるのは珍しい。
ツバメは2回目の繁殖中の親もいる。

昨日の雨で、森の中は湿ったままで湿度が高い。
清水入緑地でも、大平公園でもキノコがいっぱい見つかる。
今日は、小さなキノコの写真集。
キノコは写真に撮るだけなので、あまり名前を調べようと思わない。
成長が早いので、1日ずれてもいい形と色ではなくなってしまう。
地面の目線で撮影したいので、アングルファインダーは重宝する。
どうしても光の少ない場所が多いのでストロボも使う。
E-300の内蔵ストロボは1/64の光量まで落とせるので、マクロ撮影には便利である。
あとは、露出補正で調節する。
ティッシュを発光部にかぶせたり、自作の紙製のツインストロボを使ったりする。

P7102359a350


P7102319a350


P7102350a350


P7102362a350


P7102364a350

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベッコウハゴロモの幼虫

涼しい1日だった。
午前中長池公園に行くと、捕虫網を持った親子がいっぱい。
里山クラブの活動で、カレーライスを作ったり、草刈をしていた。
森の中は、キノコがいっぱい。真っ白ないぼいぼのある、いかにも毒キノコのようなのもあった。
午後、清水入緑地の下の遊歩道で、葉の上に真っ白な小さな繊維が四方に出た種のようなものが沢山あった。
ふっと息を吹きかけると、その傘のような白い繊維をたたんで、虫の上半身が現れた。
ベッコウハゴロモの幼虫だった。
開いている時には虫とは思えない。
暗いのでストロボで撮影したが、その繊維状のものは、まるでプラスティックのように光っていた。
こんな形だが、すばやく、ジャンプ力はすごい。
ハゴロモ類の幼虫は面白い形をしているものが多い。

これではなんだかわからなかった。
P7092295a350

これで虫とわかった。
P7092277a350

別の個体だが、前から見ると。
P7092130a350

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アナグマ

車を運転中に、尾根幹線近くの道路わきの歩道に何かあるのを見かけた。
直感的に犬ではないと思い、車を停めて戻ってみた。
車にはねられた、タヌキだと思った。
でもなんとなく感じが違う。顔がどことなく違う。それに、前足の爪がものすごく鋭く際立っている。
どうやらアナグマのようだが。
都立大学の構内でも夜間監視カメラで撮影されたとの記事があった。
今まで、アナグマは見たことがなかった。
調べてみると、この前足の爪で地下に大規模なトンネルを掘って何頭かで暮らしており、ムジナとか、ササグマトカ、マミとも呼ばれる。ミミズや、カエルや果物も食べる。体長は、50cmくらいらしい。
どこにそんな大きなトンネルを掘って暮らせる場所があるのだろうか。どんどん道路が整備されていくので、アナグマも、タヌキもますます住みにくくなっているのだろう。

P7021758a350

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »