« ヒョウモンチョウほか | トップページ | 秋分の日 »

マミズクラゲ

今年も日本海の越前くらげが話題になっているが、この地域にくらげがいるとは思わなかった。
長池公園の築池のデッキのまわりで、ふわふわと泳いでいた。
小さいので良く見ないと見つけられない。少しさざなみが出てくるともう見にくい。
実はこのマミズクラゲは全国で見つかっているが、見るのはなかなか難しいそうだ。
というのも、いつもは別の形をしていて、条件がそろうとくらげになるということである。
それも親くらげになるまで2から4週間、親くらげになって1週間ほどで死んでしまうらしい。
採集して撮影してみるとなかなか美しい。

P9194289a650

横から見るとくらげらしい形
P9194244a650


|

« ヒョウモンチョウほか | トップページ | 秋分の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24697/6018979

この記事へのトラックバック一覧です: マミズクラゲ:

« ヒョウモンチョウほか | トップページ | 秋分の日 »