« 多摩川へ | トップページ | マミズクラゲ »

ヒョウモンチョウほか

長池公園の駐車場とセンターの間にあるフサフジウツギにいろいろなチョウが来ていた。
アゲハも多いが、ヒョウモンチョウが多かった。
ミドリヒョウモンの♂、メスグロヒョウモンの♂、ツマグロヒョウモンの♀など。
ヒョウモンチョウはなかなか見分けが難しい。更にこれらはオスとメスが異なる。写真を撮ってきて図鑑でじっくり見た。間違ってはいないと思いますが・・・・
アオスジアゲハや、オオスカシバ(蛾の仲間)も来ていた。
さらに、ハチや、甲虫の仲間たち。
写真は順に、メスグロヒョウモン♂、ミドリヒョウモン♂(翅がだいぶ痛んでいる)、ツマグロヒョウモン♀、アオスジアゲハです。ツマグロヒョウモンは中部地方までといわれていたのが、最近関東でも見かけるようになりました。温暖化が影響しているのでしょうか。

クリックで拡大画像
P9184218a650

P9184173a650

P9184209a650

P9184154a650


|

« 多摩川へ | トップページ | マミズクラゲ »

コメント

秀さんの今年のテーマであるチョウが続々と登場してますね。チョウを撮るには好みの花のところで待ち伏せするのがいいのだな、などと思いながら拝見しました。躍動感のあるアオスジアゲハがいいです!

投稿: しまりん | 2005.09.30 00:43

しまりんさん今晩は。
この、フサフジウツギ(ブットレア)は、よほどチョウをひきつける魅力があるみたいです。チョウを呼ぶために自宅に植える人もいるとか。
それにしても今年はツマグロヒョウモンが多くなりました。

投稿: 秀 | 2005.10.01 19:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24697/6003716

この記事へのトラックバック一覧です: ヒョウモンチョウほか:

« 多摩川へ | トップページ | マミズクラゲ »