無料ブログはココログ

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月の7件の記事

2005.10.30

大平公園のキノコ

大平公園のカルガモは数が増えてきた。
来たばかりは、人が近付くと逃げていたのだが、最近は寄ってくる。
三脚など長いものを持っていると特に逃げたのだが、平気である。
餌をあげる人が増えたためだろう。
そのなかに一羽雑種が混ざっている。カルガモに似ているのだが、くちばしの色が違う。

遊歩道の階段の脇に大きなキノコが1本ある。
高さ30cm、カサの直径15cmくらいある。見事な大きさ。
これは、Hさんに教えてもらった。
PA305065a650


藪の中には、目と耳がついて顔のように見えるキノコもあった。
PA305086a650

2005.10.29

大栗川のカモ

冬鳥の便りが聞こえてくる。
白鳥もだいぶ南下しているとテレビのニュースでも流れていた。
大栗川に行ってみると、カモが来ていた。太田川との合流点付近です。
このカモは何でしょう。
PA294915a350

羽を広げて背中を向けています。
横から見るとこんなカモです。
PA294916a350

ヒドリガモと言います。
今日は16羽いました。
この外にコガモも6羽混ざっていました。
コガモはエクリプスと言ってオスもメスのような羽の色で、まだ冬羽になっていない。
あとは1年中いるカルガモ。

このあと、小山内裏公園へ行ってみた。
モズが梢のてっぺんで、大きな声で高鳴きをしていた。冬の縄張り宣言です。
ジョウビタキも南大沢に到着しているようなのだが、見ることは出来なかった。

2005.10.22

街路樹

肌寒く、昼頃は小雨も降ってきた。
それでも、少し紅葉も始まっている。
南大沢小学校前のバス通りのケヤキも、柏木小学校前のカツラも、トチノキも色付いてきた。
南大沢周辺の道路は、それぞれに街路樹に特徴がある。
小山内裏公園前のバス通りは、アキニレ並木だが、少し紅葉している葉があった。
緑や黄色に赤も混ざったなかなかいい感じの葉がある。
スーパー三徳前のエンジュ並木では、緑色の透き通ったような実がなっていた。
南大沢街路樹マップも作りたいなと思いながら、なかなか・・・・

アキニレ
PA224871a350

エンジュの実
PA224839a350

OLYMPUS E-300 ZUIKO DIGITAL 50mmMACRO
EC-14TELECONVERTER

2005.10.15

ツマグロヒョウモン

先週に引き続き、今週の土日も雨の天気予報。
ところが、朝方は曇りだったので、久し振りに小野路へ行ってみた。
B谷戸では大勢で稲刈りをしていた。しばらくすると大粒の雨が降り出す。
傘をさして、どうしようかと思ったが、もう少し先へ進んでみる。
メスグロヒョウモンのメスや、田圃のイナゴ、アカスジキンカメムシの幼虫を撮る。
そのうち雨も止み、晴れてきた。
G谷戸の田圃はほとんど稲刈りが終わっていた。
ここでは誰にも会わず、おにぎりを食べて休憩。
池には、鳴きながらカワセミが飛んできた。オニヤンマも巡回している。
チョウはルリタテハとキチョウ、モンシロチョウ、アゲハチョウ、イチモンジセセリ、ベニシジミ、ツマグロヒョウモン。
ツマグロヒョウモンは、力強い飛び方で速い。
これなら繁殖地拡大もなるほどと納得してしまう。
スミレが食草で、パンジーでも大丈夫ということである。
関東では珍しいチョウだったのが、あっという間に常連になってしまった。
私は昨年はじめて見たというのに、今年の多さには本当に驚く。
今日、一番多く見たチョウがツマグロヒョウモンであった。
次に行った、S谷戸ではもっと多かった。
なかなか近寄れなかったが、そのうち慣れたのか、アザミに止まって近付いても逃げなくなった。
メスの模様と、薄紫の入って色をじっくり見ることが出来たが、とても美しい。
ここではさらに、アサギマダラもひらひらと飛んでいた。
なかなか良い里山歩き撮影になったが、汗びっしょりになってしまった。

ツマグロヒョウモン オス
PA154763a650


ツマグロヒョウモン メス
PA154778a650


2005.10.10

ノビタキ

天気の良くない3連休でした。
今日も1日中小雨の体育の日。
でも、南大沢駅に程近い場所で、ノビタキを見ることが出来た。
見つけてくれた、Kさんに感謝します。
繁殖地から越冬地の東南アジアに向かう途中で、南大沢にも立ち寄ってくれたようです。
多摩川の河原では見ることが出来ますが、ここでは初めて。
小雨が降り続く中、時々出てきてススキにとまったり、行ったり来たり。
いつまで、ここで休んでいくのか。


PA102516a350


PA102540a350

2005.10.08

アサギマダラ

長池公園のフサフジウツギ(ブットレア)の花は、盛りを過ぎたが、まだまだチョウを呼び寄せている。
今日は、アダギマダラがいた。
渡りをするチョウとして有名である。
サシバの渡りを観察していると、アサギマダラもひらひらと頼りなげに飛んでいくのを良く見る。
これで海を渡って、沖縄の方まで行くのがいるので驚いてしまう。
アサギ色のマダラチョウである。アサギとは、浅黄ではなく、浅葱。薄い緑がかった青色、ネギの若芽の色とのことである。
何ともいい名前で、いい色。

翅は相当痛んでいるので、遠くから来たのだろうか。
一心に吸蜜中。
近付いてアップで撮影してもまったく逃げない。

PA084577a350

PA084620a350

2005.10.01

秋の野鳥

秋の渡りの小鳥たちが見られるかと、小山内裏公園そして尾根緑道へ行ってみた。
チョウは沢山飛んでいたが、野鳥はさっぱり。
エゾビタキやコサメビタキがいるのかと思ったが早いようです。
これらは、南大沢よりも北の地域で繁殖し、東南アジア方面を目指す途中での立ち寄り。
それにしてもこの大きさでたいしたものだといつも思う。
小鳥は夜渡ると言われているので、渡っていく姿を見るのは難しいが、タカは昼間渡っていくので観察が可能。
特にサシバは、この時期に沢山南を目指して飛ぶのが見られる。
東京でもヒートアイランドで上昇気流があるのか、タカの渡りが見られるが、数が少ないので観察は難しい。
やはり通り道になるところが良い。この近辺では、高尾山、城山湖、狭山の六道山など。
ちょっと遠いが、一度行きたかった、足柄峠の万葉公園へ最近行ってみた。
ここは、矢倉岳に向かって、丹沢の南側を渡ってきたタカが、上昇気流を求めて目指してくる。
その矢倉岳が目の前に見える。10時から13時の3時間で100羽以上のサシバが見られた。
真上で20羽くらいがぐるぐる回るタカ柱も2回見られた。

さて、南大沢だが、小山内裏公園の大田切池にカワセミがいたと、パークセンターの人に聞いた。
夕方、大平公園の池にも、久し振りにカワセミが来ていた。
今年生まれの子供が新天地を探しているのだろうか。
大平公園にはカルガモも4羽戻ってきていた。

大井松田方面から見た矢倉岳
P9304447a350

大平公園に来たカワセミ
PA014518a350


« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »