« 大栗川のカモ | トップページ | 雨のち小春日和 »

大平公園のキノコ

大平公園のカルガモは数が増えてきた。
来たばかりは、人が近付くと逃げていたのだが、最近は寄ってくる。
三脚など長いものを持っていると特に逃げたのだが、平気である。
餌をあげる人が増えたためだろう。
そのなかに一羽雑種が混ざっている。カルガモに似ているのだが、くちばしの色が違う。

遊歩道の階段の脇に大きなキノコが1本ある。
高さ30cm、カサの直径15cmくらいある。見事な大きさ。
これは、Hさんに教えてもらった。
PA305065a650


藪の中には、目と耳がついて顔のように見えるキノコもあった。
PA305086a650

|

« 大栗川のカモ | トップページ | 雨のち小春日和 »

コメント

秀さん 今晩は。 

このキノコはカラカサタケですね。
傘をギュツと握っても元に復元しますよ。
生で食べると中毒するようです。

森のきのこ

投稿: 森のきのこ | 2005.10.30 21:07

森のきのこさん今晩は。
カラカサタケですか、ありがとうございます。
まったく名前の通りですね。
二つとも同じカラカサタケですか。
これから開くのでしょうか。

投稿: 秀 | 2005.10.30 21:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24697/6756333

この記事へのトラックバック一覧です: 大平公園のキノコ:

« 大栗川のカモ | トップページ | 雨のち小春日和 »