無料ブログはココログ

« ナミテントウ | トップページ | 再びウラギンシジミ »

2005.12.03

ウラギンシジミ

林の中は落ち葉のじゅうたん。
急に寒くなったからか、一斉に紅葉が進んだ。
近くの公園でマユミの実がなっていた。
よく見ると葉にしがみついてウラギンシジミが越冬中。
ウラギンシジミは成虫で越冬するが、名前の通り羽の裏が真っ白に見える。
ところがこれがなかなか見付けにくい。
近付いてマユミの実をバックに撮影させてもらったが、まったく動かない。
ストロボで、近接撮影もしたが、まったく動じない。
この形で、木枯らしにも耐えるのだろうか。

PC035858a650

PC035886a650

PC035919a900

今日は,ボディーE-300に、レンズはZUIKO DIGITAL 35mmマクロをつけて初撮影。
最初の写真は、丸いボケがなかなかいい感じ。
中央の白いのがウラギンシジミ。
2枚目は、三脚使用での接写で、F7.1で1/25秒。
トリミングなし。
3枚目は、1.4×のテレコンを入れて、絞りF11で内蔵ストロボによる手持ち撮影。
若干トリミングあり。
ストロボにはティッシュを被せただけだが、ディフューザを付ければ影がもっとやわらかくなる。
体の毛や足もよく見えるが、翅の裏には黒くごま塩があるのも良くわかる。
これだけ近づけると、なかなか面白いものが撮れそうだ。
(写真をクリックすると拡大します)

« ナミテントウ | トップページ | 再びウラギンシジミ »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「昆虫」カテゴリの記事

「植物」カテゴリの記事

「自然」カテゴリの記事

コメント

ついに新兵器登場ですね。昔はプロしか持てなかった「超長玉」で撮影したような、デジスコの鳥の「超」拡大写真やら、スタジオでベローズ使わなければ撮影機無かった超ズームアップ写真が、一般人でも撮影できる世の中になってきたのですね。今後、どんな拡大写真が出てくるか楽しみにしています。

3枚目、迫力あります! ウラギンが、裏ごま塩だったとは知りませんでした。
白い部分もパールのような光沢が見られますね。

木原さん、今晩は。
まったく、その通りですね。
超望遠のデジスコも、このデジカメのスーパーマクロもここ数年で実現しましたね。
アマチュアにとってはうれしい限りです。


しまりんさん、今晩は。
よく見ると、足の先が、5本指みたいに見えるのだが???
この面積でよくしがみつけるものだ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24697/7449584

この記事へのトラックバック一覧です: ウラギンシジミ:

« ナミテントウ | トップページ | 再びウラギンシジミ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31