« 菜の花いっぱい | トップページ | ゴマダラチョウの幼虫 »

裏高尾へ

スミレを見たくて、南大沢をちょっと離れ、裏高尾へ行った。
天気も良く、ハイキングの人と、写真を撮る人と、植樹祭の人で大変な混雑であった。
ヒカゲスミレ、タカオスミレ、マルバスミレ、ヒゴスミレ、ナガバノスミレサイシン、タチツボスミレなどが見られた。
残念ながら、ヒナスミレはもう花期は終わってしまったようだ。
ヒカゲスミレの葉の表面が、花期だけこげ茶色になるものが高尾山で採集され、タカオスミレと命名された。
ニリンソウもたくさん咲いており、その中で、ミミガタテンナンショウが顔を出していた。

ヒカゲスミレ
Q4097930a650

タカオスミレ
Q4097922a650

ニリンソウとミミガタテンナンショウ
Q4097925a650

OLYMPUS E-330 ZD50mmMACRO


|

« 菜の花いっぱい | トップページ | ゴマダラチョウの幼虫 »

コメント

■マムシ草 思い出がいっぱいです。
娘が末期がんで 腹水がたまって大変だった時
実家の友人達が大編隊??を組んで真夏 この花の根っこを探してくれ 病院へ送ってくれました。マメも加え 根っこをすり鉢ですってどろどろにして 毎日娘の足の裏に張ってやりました。体の水分が吸いだされると言う 究極の方法らしいです。 真夏 娘は風になってしまいましたが この花を見て 友人達の優しさを思い出しました。(ヒガンばなの根っこもよく利用しました。昔からのおばあちゃんの知恵ですね))

投稿: さくら母 | 2006.04.10 01:41

一番上の写真はヒカゲスミレではなく、ナガバノスミレサイシンだと思います。ヒカゲスミレの葉にはタカオスミレと同じく毛が生えていて、肉眼でもよくわかります。

投稿: tosaka | 2006.04.10 06:38

tosakaさん、今晩は。
また、師匠に指摘されてしまいましたね。
清水入緑地でよく見ていたはずなのに。今度のはいかがでしょう。差し替えしました。
H山のヒナスミレには、また振られてしまいました。あと1週間早く行かないとだめですね。

投稿: | 2006.04.10 21:50

さくら母さん、今晩は。
マムシグサに、そんな思い出があったとは。
南大沢にまた来られることがあったら、スミレ、カワセミ、菜の花いろいろ楽しんでください。

投稿: | 2006.04.10 21:54

いつも素晴らしい写真と楽しい話を
読ませていただいています。
先日戦車道路で、私もこの写真と同じような花を見ました。
マムシグサだと思って念のため図鑑で確認したところ、
その特徴からミミガタテンナンショウであることが判りました。
この写真の花も耳が垂れているように見えるので
ミミガタテンナンショウのように思えますが、
いかがでしょうか?
教えてください。

投稿: 神崎文次 | 2006.04.19 21:15

神崎さん今晩は。
コメントありがとうございました。
ニリンソウに目が奪われて写真を撮り、まったく疑わないでマムシグサと書いてしまいましたが、おっしゃるとおりミミガタテンナンショウみたいですね。
植物は最近写真を撮り出したので、間違いがあるかもしれませんので、どんどん指摘してください。
今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: | 2006.04.19 23:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24697/9508091

この記事へのトラックバック一覧です: 裏高尾へ:

« 菜の花いっぱい | トップページ | ゴマダラチョウの幼虫 »