無料ブログはココログ

« タツナミソウ | トップページ | Kidsネイチャー・ワークショップ2 »

2006.05.28

カルガモの親子その後

今週は土日とも雨の予報だった。
昨日は、ほぼ1日中雨だった。
長池公園公園生き物図鑑の勉強会で担当の日。
「南大沢はイルカの眼」と言う話をした。
この題名でわかりますか。
この話は、おいおい紹介したいと思います。
今日は、昼近くに晴れ間も見え暑くなった。
先週、大栗川のカルガモの親子は見つけられなかった。
今日も見当たらない。
Rさんから、もう少し下流で見たと聞いたので、行ってみた。
カルガモが1羽いるだけ。でも良く見ると土手の上の草むらに雛が4羽いた。
そのうちに土手を歩いて水路の段差を越えて、水量の多い中どんどん下流に泳ぎだした。
ヨシダの前あたり。
2週間前よりもだいぶ大きくなった。
飛べるまではまだまだこの中で頑張らないと。

Q5289085a700


« タツナミソウ | トップページ | Kidsネイチャー・ワークショップ2 »

「バードウォッチング」カテゴリの記事

「動物」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「自然」カテゴリの記事

「野鳥」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
しばらくお会いしていませんね。
秀さんは何でも博士で羨ましいです。
私なんて、鳥すら・・・(T.T)。
先日、谷津でカルガモ一家の面白いシーンを見かけましたので、トラックバックします。

摩周さん、今晩は。
見ました。カルガモの写真いいですね。
そのあとの出来事は、私は見たことないですね。
鳥見が出来るようになったようなので、また、会いましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24697/10280563

この記事へのトラックバック一覧です: カルガモの親子その後:

» カルガモ [「摩周」の野鳥日記]
谷津干潟でのカルガモ一家です。ヒナは画像では5羽しか見えませんが、全部で8羽いました。 実はこの後、大変面白いシーンがありました。残念ながら見とれてしまい、写真を撮るとの忘れてしまいました(^^ゞ。私はまだまだ見るのが主で、カメラマン意識が不足しているようです(T.T)。 それはこの一家が進んで行った方向の陸地に、別のカルガモ一家がいたのです。鉢合わせになっ... [続きを読む]

« タツナミソウ | トップページ | Kidsネイチャー・ワークショップ2 »

2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31