無料ブログはココログ

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月の7件の記事

2006.06.29

ホタル

蒸し暑い日が続いている。
ホタルが飛び交う季節である。
生まれ育った世田谷ではホタルを見たことがなかった。いたのかもしれないが、記憶にない。
そのせいか、ホタルがゆったりと点滅しながら飛ぶのを見ると妙に嬉しくなってくる。
南大沢に来てからもいろいろと見に行った。
鑓水の厳耕地谷戸(御殿峠に抜ける道)ではヘイケボタルが見られ、毎夏子供連れで見に行った。
たぶん今でもいると思うのだが。
その後鶴見川源流付近の谷戸にゲンジボタルを見に行った。ここは、数はあまり多くはない。
百草園近くの谷戸にも見に行った。
小山内裏公園の大田切池の奥にもいるとのことだが見たことはない。
南大沢神社の脇の湿地でもわずかに見られるらしい。
たくさん見られるのは、ちょっと遠いが城山町のカタクリの里の傍の用水。
そして、先日見に行ったのは南大沢からも程近い町田市。
ここは、小さな谷戸だが、ゲンジボタルが20以上飛んでいた。
ところが写真に撮るのは大変難しい。30秒のシャッター開放でもこの程度である。雑誌などで見る光の乱舞と言う写真は何百と言う数が飛んでいるのだろう。
地元の人に教えてもらって、クロマドボタルの幼虫を見た。草むらで淡く光っていた。15mmくらいだろうか。まだまだ大きくなるとのこと。成虫は光らないそうだ。

Q6249403a700

Q6279439a350


2006.06.25

コムラサキが見たい!

昨年、見損なってしまったので、コムラサキを見に行った。
オオムラサキの仲間のやや小型の蝶であるが、まだ、見たことがない。
知り合いのKさんのブログにきれいなコムラサキの写真があったので、第一回の発生時期だと、南大沢からはちょっと離れたところへ出かけた。
ノコギリクワガタ、コクワガタ、カナブン、キタテハなどは樹液に来ているのだが、肝心のコムラサキはまったく見えない。どうしようかと思っているところへ、ラッキーなことに偶然Kさんが現れた。写真を撮ったところへ案内してもらう。飛び回って、柳の木の上のほうにとまっているのは見ることが出来た。樹液に来るのを待っていたが降りてこなかった。この次の楽しみにしておこう。樹液争いはカナブンがまるでカブトムシやクワガタのように戦いをしていた。
それにしてもすべての樹の根元が掘られたり、クワガタの幼虫を採るためか荒らされているのにはびっくり。
とても子供の遊びとは思えない。
Q6259420a450


2006.06.24

スミナガシ幼虫

梅雨の中休み。晴れて蒸し暑くなった。
長池公園にオオミドリシジミがいるかと思ったが、見つけられなかった。
新兵器を持っていったのだが。
Tさんは数頭見たらしい。
その後、日野市のN公園に行く。初めてだが、Mさんに案内してもらう。
スミナガシと言う蝶の幼虫を教えてもらった。
アワブキの葉の先端の葉脈を残して数mmの小さな幼虫がいた。
これは教えてもらわなくては自分では見つけられない。
もう少し大きくなった幼虫を撮影した。
今度は成虫も撮影したい。
午後は、長池公園生き物図鑑の勉強会。
Tさんによる虫こぶの発表。奥が深い。また自然界の不思議を再確認させられた。
夜は、町田市のNさんから誘われて、ホタルの観察会。
Nさんは、この地域の保全活動に取り組んでおられる。
我が家から一番近いゲンジボタルの生息地ではないか。
20頭くらいは飛んでいた。
この地域にはホシザクラも多数あるそうだ。

Q6249348a350

Q6249353a350


2006.06.17

アオバセセリ幼虫

アオバセセリは、先日裏高尾に行って見る事が出来た。
この幼虫を見つけて写真に撮りたいと思っていた。
今日、Mさんが飼育しているのを見せてもらったら、本当に鮮やかな色でユニークであった。
アワブキの葉をあわせた巣の中にいたが、広げて見せてもらった。
赤いボール状のほうが頭である。
突然後ずさりを始めて、尻が葉っぱから出たところで糞をしてまた戻った。
うーん、なんというやつだ。
今度は自然の状態で見つけたい。

Q6179273a750


スジグロシロチョウの産卵

今日は曇り日で午前中は大丈夫と言う天気予報だったが、晴れ間も見え蒸し暑くなった。
午前中、長池公園へ行く。
チョウに詳しいMさんに会って、いろいろと教えてもらった。
スジグロシロチョウがイヌガラシだろうか、小さな黄色い花をつけた草の葉に産卵している。
簡単に次々と、ちょんちょんと産卵している。
卵を拡大して撮ろうとカメラを構えると、産んだばかりの卵に小さなアリが近づいてきた。
頭を卵の下に突っ込んでなにやら苦労している。
そのうち卵を葉から切り離して、くわえて持ち去ってしまった。
こんなこともあるので、親はたくさん卵を産むのだろう。
それにしても、簡単に葉に産み付けているのにかなりしっかりと葉に接着しているようだ。
アリははがすのに20秒くらいかかっていただろうか。

Q6179294r450


Q6179282r450


Q6179283r450


Q6179286r450

OLYMPUS E300+ZUIKO DIGITAL 35mm+テレコン1.4×

2006.06.10

アカシジミが現れた

朝、ホトトギスの鳴き声で目覚めることが多くなった。今年もこのあたりで飛び回っているようだ。
昨日梅雨入りしたが、早くも中休みでこれはチョウの写真を撮りに行かなくてはと長池公園公園に出かける。
チョウの写真を撮りにいている人に何人も会った。それにチョウの採集に来ている人にも。
ウラゴマダラシジミの卵を、専門家が見つけられなったので、どうなることかと思っていた。気になって毎週のように探しに行っていたが、やっと飛び出した。そう言えば昨年もこの時期だった。長池と築池間の遊歩道でも、いくつか見られた。その他に栗の木では、ウラナミアカシジミとアカシジミがいた。ミズイロオナガシジミは写真を撮ることができなかった。もうすぐ、ミドリシジミや、オオミドリシジミも現れるだろう。

ウラゴマダラシジミ♂
P6107872a750

ウラナミアカシジミ
P6107896a750

アカシジミ
P6107906a750

OLYMPUS E300+ZUIKO DIGITAL ED50-200+テレコン1.4×

2006.06.03

Kidsネイチャー・ワークショップ2

今日は、また肌寒い季節に戻ってしまった。
南大沢駅前では、イワツバメ、ヒメアマツバメが子育て中。
首都大学のイモリ池では、モリアオガエルの卵塊が10くらいあった。
長池公園公園では、キビタキの声が聞こえ、ヤマガラのヒナが親について飛んでいた。
10時から、長池公園公園ネイチャーセンターの「Kidsネイチャー・ワークショップ2 初夏の雑木林探検」があった。
講師は、昆虫写真家の新開孝さん。子供向けのプログラムだが、一緒について回った。毎日、新開さんのホームページを見ているので、ぜひ参加したくなったもので。
さすがにプロであり、次々と見つけた虫の解説をわかりやすくしてくれる。
子供たちもたくさん参加したが、虫好きが多いのでいろいろ見つけてくる。
女の子でもイモムシをむんずとつかんで平気だ。なかなかたくましい。
この写真は、たる型のカメムシ(確かチャバネアオカメムシだったと思う)の卵。上のふたを開けて幼虫が出てくるとのこと。
数えないのに、14個ですと言う。メスのおなかの構造から、14個づつ産み付けるそうだ。
ジンガサハムシの卵、ミドリシジミのさなぎ、アカホシテントウのさなぎなどなど、いろいろ教えてもらった。
新開孝さんは、九州に移り住むので、東京での観察会は最後だそうである。
これからは、九州の虫たちがHPに登場するだろう。
新開さんのHP↓
http://www.shinkai.info/menu/index.html

Q6039158a650


« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31