無料ブログはココログ

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月の7件の記事

2006.07.29

ヤマユリ

今年は、ヤマユリが沢山咲いている。
清水入緑地でも、長池公園でも。
ヤマユリは八王子市の花。

長池公園のバス通りに面した斜面でもはっとするほど咲いている。
Q7299892a750

近づいてみると。
Q7299893a750

さらに近づくと。
Q7299889a750

小さなクモも。
Q7299888a750

2006.07.23

トリノフンダマシって何?

長池公園公園のハンノキの葉の裏に何かいました。
10mmくらいでしょうか。まったく動きません。
これは、オオトリノフンダマシといいます。
何だと思いますか?
クモの仲間です。コガネグモ科です。
これはメスで、オスは数ミリの小さなクモです。
昼間はじっとしていて、夕方から網を張るそうだ。
すすきの葉裏には、シロオビトリノフンダマシという仲間もいました。

オオトリノフンダマシ
Q7239852a750

シロオビトリノフンダマシ
Q7239855a750

2006.07.22

野鳥の繁殖そろそろ終了

団地のテレビアンテナにムクドリが30羽ほど止まっていた。
ギュルギュルと鳴きながら一斉に飛び立った。
そこへ1羽の鳥が来て止まった。
かなり距離が離れているし、高いので一瞬ヒヨドリかと思った。たいしたものだ、ヒヨドリは1羽でムクドリ30羽を蹴散らすのか。しかしよく見ると、ツミだった。その団地のすぐそばの樹でツミが子育てをしている。ヒナが2羽もう巣から出ているので巣立ちも間近だろう。
今日は、メジロの巣もおしえてもらった。
ビニールひもを器用に使った小さな巣である。まるで手を伸ばせば届きそうな低い位置。
この中で、ヒナが10羽近くひしめき合っていいるのか。
出てきたところのメジロ押しを見てみたいものだ。
そろそろ野鳥の繁殖も最後の段階に来ているのだろう。

P7228194a750

P7228200a750_1


2006.07.20

北国の夏

所要で妻の実家がある北海道へ行ってきた。
今年の夏は異常気象である。日照が少なく、寒い。野菜も実をつけるのが悪いとのこと。花は遅く、チョウも少ない感じである。
運よく行っている間だけ暑い夏となった。
野鳥ではキビタキが多く、ブンブンといいながら飛び回っていた。クロツグミやアカハラ、アオジもよい声のさえずりが聞こえた。カッコウを間近で見えた。
チョウも、コヒオドシ、コヒョウモン、アサマシジミ、フタスジチョウなどの写真が撮れた。セセリチョウもいろいろいたが、じっくり名前を調べたい。
昨年は8月に行ったのだが、このときの方がチョウは多かった。
北海道にはたまにしか行かないので、今年が特に少ないのかはわからない。

コヒオドシ
Q7139693a450_1

アサマシジミ
P7148120a450

コヒョウモン
P7168177a450

フタスジチョウ(上)
P7158138a450

2006.07.09

ツインストロボ


清水入緑地で、昨日ヒグラシが鳴き出した。
今朝は、細かい雨の中、ウグイスがケキョケキョケキョと長々と鳴いている。

昨日は清水入緑地と長池公園でチョウ、トンボ、それに小さな虫たちを撮った。
小さな虫を撮るには、50mmマクロレンズか、35mmマクロレンズを使う。
E-330で手持ち撮影が多い。
内臓ストロボを使用することもある。光量を1/64まで落とせるのが便利である。
でも、このままでは正面から光が当たってしまうので工夫がいる。
簡単には、発光部にティッシュを巻いたり、以前紹介したプアマンズストロボが役立つ。
これは、自分で作れるのだが、優れものである。
参考 → http://www.geocities.jp/hirai_kjp/twin.html
10万円近くするが、純正のリングストロボやツインストロボがある。
OLYMPUS ツインフラッシュセットSTF-22を借りたので、昨日はこれを使ってみた。
こんなものです。 → http://olympus-esystem.jp/products/flash/macro/stf22/index.html
重たくて、これは使い物になるのかと思ったが、仕上がりはやはりすばらしい。
左右の2個の発光部の光量を自由に変えられて、向きも自由に変えられる。
これで撮影したいくつかの写真を載せます。クリックで拡大します。
レンズは50mmマクロF2に1.4×テレコン(EC-14)を使用。
トリミングしたものもあります。

Q7089533r750


Q7089538r750


Q7089549r750_1

2006.07.02

トンボの季節

昨日、長池公園を回ると、トンボもだいぶ飛び出していたが、ヤゴの抜け殻もたくさん見つかった。
トンボ池では、真っ黒なヤゴが白い花の上で気持ちよさそう??に、羽化していた。
築池では、カヤツリグサにぶら下がって、これも気持ちよさそうに??、羽化していた。
姿池では羽化する場所不足か、羽化殻の上で羽化して、そのまた上で羽化してを、4匹が繰り返していた。
こんな、羽化の仕方もあるのだ!!
オオヤマトンボが築池の上を巡回していた。
これを望遠レンズで狙ったが、難しいものだ。
また挑戦しよう。

Q7019469r750

P7018013r750

Q7019492r750


2006.07.01

雨のち曇りのち雨の長池公園

ミドリシジミ類の翅を広げた写真は朝早いほうがよいというので、私としては珍しく早く長池公園公園へ行った。
しかし着いてすぐ細かな雨が降り出し、傘をさして歩くことになる。
しかし、オオミドリシジミもミドリシジミも見当たらず。ゼフィルスは、帰りに駐車場の道路よりでウラゴマダラシジミを見たのみだった。
それでも蝶や、トンボの写真はいくつか撮れた。
最近は、50mmマクロをつけたE330と、50-200mmズームに1.4xテレコンをつけたE300を持ち歩いている。
近づけるものはマクロ、近づけないものはズームで撮っている。
ヒラタアブの仲間の写真を撮った。
これは、マクロレンズ。
まったく違う場所、時間だが、同じ種類だと思う。
これが飛んでいるところはなかなか難しい。

9時ごろから昼ごろまでは雨もやんだ。
今日は10時から、子供たちを対象のトンボ観察会が開かれていた。
少しだけ一緒に回った。トンボより網の数が多かった。

クリックで写真拡大します。
Q7019483r750


Q7019496r750a


« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »