« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月の9件の記事

ムラサキシジミ

今日は3月の陽気とか。
大変暖かく汗ばむくらい。
尾根緑道を歩くと、ムラサキシジミが飛んでいた。
この蝶は成虫で越冬する。
落ち葉の上にとまって、翅を閉じた状態では、一度目を離すと見つからない。
ところが翅を開くと鮮やかな色が現れる。

P1279805a750

P1279807a750


| | コメント (0) | トラックバック (0)

南大沢駅周辺

午前中、晴れ間も出たので、FISHEYEレンズを持って近所を回る。
大平公園ではウソの群れがまた見られた。池の周りで1羽増えて5羽で飛び回っていた。
その後、駅まで歩く。
たまには、南大沢の都会部分の駅周辺の自然便りです。
南大沢に転居してきた19年前には、京王線が未開通で駅がなかった。多摩センターからのバスが唯一の交通手段であった。キジが春になると必ず出てきてケンケーンとのんびり鳴いていた。
それから見ると、まさに大変化である。
新しく出来たフォレストモールの3階部分から駅方面を見たところである。(クリックで写真拡大)
Q1211494a750
中央にバスロータリーとタクシー乗り場、その向こうに東宝シネマの入っているビルがあり、その更に向こうにアウトレットモールと首都大学がある。駅は東宝シネマの手前だが低い位置で見えない。左がイトーヨーカドー、右は建設中のビル。こんなにぎやかなところだが、夏になると空にはツバメ、イワツバメ、ヒメアマツバメが飛び交う。駅構内や、駅前のニュータウン通りにかかる遊歩道の下や、駅前の中郷公園の丸いトイレにはイワツバメの巣がある。ヒメアマツバメも遊歩道の下には巣がある。
イトーヨーカドーの屋上ではチョウゲンボウが繁殖していたが、最近は確認できていない。
駅前に沢山いるドバトを狙うためか、オオタカが飛ぶこともある。

先ほどの写真と同じフォレストモールの3階から右(東側)を見たところである。
Q1211497a750
下の道路は、エノキ並木であり、10年以上前になるが、ゴマダラチョウが繁殖していた。今は見ることが出来ない。遠くを見ると右の奥の森が長池公園で、20分も歩けば行くだろうか。バスでも行くことができる。

南大沢大橋からニュータウン通りの東側を見たところである。
Q1211503a750
この斜面で数年前までセッカが繁殖していたが、いろいろ工事が始まったので、繁殖地を別の場所へ移してしまった。
左のほうは首都大学の森(松木日向緑地)で、改札口から7,8分でいけるが、いろいろな野鳥が繁殖している。また、ここのイモリ池ではモリアオガエルの産卵も見ることが出来る。

同じ橋からニュータウン通りの西側を見たところである。
Q1211501a750
左は東宝シネマのビルで、右がアウトレットモールのラフェット多摩である。
この右の斜面は、ヒマワリ畑になったり、菜の花畑になったりする。
正面の歩道橋の下がイワツバメやヒメアマツバメの巣があるところ。
この通りはイチョウ並木であり、夕方になるとハクセキレイが集まってきて、パオレビル前のイチョウの樹をねぐらにしていたが、今年は見に行っていないがどうなのだろう。

この写真は、最初の写真を撮ったフォレストモールを裏から見たところである。
Q1211488a750
この空き地は、郵便局の隣で駅からも程近く、マンション建設用地となっている。以前は草原だった。
1年数ヶ月前にここで撮った写真を今年の年賀状にした。
1月2日のブログのノビタキである。
もう、ここで撮ることは出来ないであろう。

最後に案内板から駅周辺を切り抜いたものである。
少し古いので、都立大学と記されている。また、中央部分のP(駐車場)二つがビルになってしまっている。
P8134616a750

南大沢は、開発されたところと、残されたところの落差が大きい。
一日に何千人と言う人が通るところと、数人しか足を踏み入れないところが駅からすぐのところに混在している。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

長池公園の姿池

寒い一日だった。
ちらちらと雪も舞っていた。
長池公園でミソサザイ(スズメよりも小さな小鳥)を見たくて行ったのだが、残念ながら見ることは出来なかった。
この公園には長池、築池、姿池と池があるが、水鳥はなかなか来てくれない。
最近カルガモやコガモが一番下の水深の浅い姿池に来ている。
きっと、浅いので餌が採りやすいのだろうと思う。
姿池は築池からはかなり低い位置にあり、すり鉢状の底で、中央部分の上に見附橋がある。
これは四谷見附から古い橋を移設したものである。
姿池から下流は、京王堀之内駅近くまでせせらぎ緑道が続いている。
今日はZUIKO DIGITAL8mm FISHEYEレンズの試し撮りをした。
これで自然写真をどのように撮ろうか、今年の楽しみである。


姿池を長池側から撮る。
Q1201436a750

カルガモ4羽とコガモ3羽が小さく写っています。
Q1201464a750

このレンズは使い方によっては大変面白い。
Q1201470a750


| | コメント (8) | トラックバック (0)

団地内のウソ、マヒワ

今日も良く晴れて風もない好天気。午前中ご近所をまわろうと家を出た。
大平公園の池では、ドバトが5羽付いて来る。ヒヨドリもやってくる。餌をあげる人がいるのだろう、人を見ると近寄ってくる。
テニスコートのところにやってくるとウソの鳴き声。サクラの木に4羽いた。オスメス2羽づつ。盛んにサクラの花のつぼみ(と言っても小さいのだが)を食べている。そう、ウソは桜の花の蕾が大好物のようだ。
清水入緑地に近い遊歩道には、マヒワのオスとメスがいた。ついに団地内にもウソもマヒワも入ってきた。マヒワは群れから離れて行動するのもいるようだ。

ウソ(♂、腹もほんのり赤くアカウソだろうか)
P1149763a750

マヒワ(♂)
P1149772a750

| | コメント (2) | トラックバック (0)

マヒワ

今日も、晴れて風も少なく散歩には最適である。
またしても、三脚もデジスコも持たず、200mmズーム手持ち撮影スタイルで、尾根緑道を歩く。
今年はマヒワが多いと聞いているのだが、まだお目にかかっていないので是非見たい。
尾根幹線の上あたりのベンチのある小高いところまで来て、熱いお茶を飲み始めたら、かすかな上品な鳴き声が聞こえてきた。ヤシャブシの上のほうで小鳥が何羽か動いている。やはりマヒワだった。先日もYさんがマヒワを見たのもこのあたり。
そのうち沢山飛んできて、50羽くらいいるのだろうか。
10mくらい離れているが採餌に忙しい。
これだけのマヒワの群れを南大沢で見るのは久しぶりである。
調べてみたら、12年前の冬、大平公園周辺で30羽以上が春まで飛び回っていた。南大沢中学校東側の遊歩道にサルスベリが沢山あるが、ここで群れて食事をしているのを撮影していた。小さな集団では見かけることはあったが、大きな群れはそのとき以来である。

この画面で20羽くらいいる。
P1139700a750

右が♂、左が♀。♂は黄色くて頭が黒。♀は黄色くなく地味な感じ。
P1139702a750

♂の成鳥は黄色がとてもきれい。
P1139712a750

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長池公園のウソ

所用があり本日は休暇。
午前中、短時間だけ長池公園に寄った。
長池公園の前でGさんに会うとデジスコで撮影中。
ウソの♂♀を教えてもらう。
三脚もスコープも持たずに行ったので、OLYMPUS E-300に50-200ズーム+1.4テレコンの手持ち撮影である。
食事中で、割と近くにいても逃げなかった。
でもなかなか全身は写させてくれない。
今日もアオゲラがいて、倒木を盛んにつついていた。
ルリビタキ、エナガ、ヤマガラ、シジュウカラ、コゲラ、シロハラなど次々と現れた。
残念ながら、短時間だったので、マヒワには出会えなかった。
今年はマヒワが群れで飛び回っているようなので、そのうち会えるでしょう。

ウソ♀
P1129589a750


| | コメント (2) | トラックバック (0)

好天

昨日の成人の日はとても良い天気となった。
久しぶりに車を運転して撮影に出かける。
トモエガモがいたが日陰の部分から動かず、良い写真は撮れなかった。
でも今年も見ることが出来て良かった。

P1089580a750

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カルガモ

昨日は大雨、今日は木枯らしが吹きまくっている。
2週間、屋外の写真を撮影していなかったので、寒い中近所の公園へ行った。
大平公園の池では、カルガモが2羽だけ寒そうに池の中央のお立ち台にいた。
あれだけびっしりとあったコウホネやスイレンはまったく見えなくなっている。
今年の初鳥はメジロだったが、初撮りはカルガモとまったく日常のままのスタートとなった。
今年は大きく写真もホームページも進化させようと思って張り切っていたのだが、意に反してスローなスタートとなってしまった。暇なので昨年どのくらい写真を撮ったか調べてみたら、デジタルで約1万5千枚。フィルムで0枚であった。その中で納得のいく写真となると何枚あるのだろう。今年は納得の行く写真を残せるようにしたい。

Q1071416a750


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007 おめでとう

あけましておめでとうございます。
今年はじめてみる鳥はなんだろうと思って元旦に我が家を出てみたら、すぐ目の前を横切ったのはメジロでした。
数年前のきれいなオスのルリビタキだったときは1年良いことがあるような気がしました。
いえいえ、メジロがだめというわけではないのです。
今年も、超望遠での野鳥から、3倍くらいのマクロでの生き物まで何でも撮ろうと思っています。
皆様、情報やコメントよろしくお願いいたします。

クリック(拡大)
2007nenga


| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »