« 長池公園の三等三角点 | トップページ | 長池公園トンボ池の生き物 »

マミチャジナイの羽根標本

昨年11月11日のブログで、マミチャジナイのことを書いた。
以前ツグミの時に羽根標本を作ってもらったNさんに、今回も標本作成をお願いしてしまった。それが送られてきたが、すばらしい出来にびっくり。風切や雨覆は派手な色ではないが、非常に落ち着いた微妙な感じが良くわかる。脇腹の淡い明るい褐色が唯一の色合い。マミチャジナイは雌雄ほぼ同色だが、写真では判りにくいが、大雨覆の先端がわずかに白いのがメスのポイントとか。うーん、実に微妙である。11月の時点では眉斑が薄いとは思ったが、雌雄は判らなかった。あらためて、山渓ハンディ図鑑7日本の野鳥を見るとなるほどとわかった。
Q2181849a750

スケールは20cmのものです。
写真クリックで拡大します。

Q2181845a750


2005年6月のツグミの羽根標本の記事は、こちらです。
→ http://minam.cocolog-nifty.com/blog/2005/06/post_97e4.html

|

« 長池公園の三等三角点 | トップページ | 長池公園トンボ池の生き物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24697/13962339

この記事へのトラックバック一覧です: マミチャジナイの羽根標本:

« 長池公園の三等三角点 | トップページ | 長池公園トンボ池の生き物 »