« 雨上がり | トップページ | オオミドリシジミ »

南大沢駅でバードウォッチング

午前中は団地のクリーンデーであった。
午後は、以前から気になっていたことを、確かめに行った。
行き先は南大沢駅。
時々、イソヒヨドリを駅前で見かけるので写真に撮れないかと。
5丁目のほうから駅前に飛んでいくのや、イトーヨーカドーのてっぺんで囀っているのを今までに見ている。
イソヒヨドリは名前の通り海岸で見られることが多いが、南大沢のように内陸でもよく観察されている。
昨年の2月ごろには見附橋でよく見られた。クリック→南大沢季節便りの記事
残念ながら遠く証拠写真だけであった。まあ、運が良くないと見ることが出来ませんが。
イトーヨーカドーの屋上のテニススクールのところに行けば見られるかも・・・

イソヒヨドリ
P6034358a750

次に、駅前から首都大学への歩道のニュータウン通りのところへ向かう。
ヒメアマツバメの巣が歩道橋の下にある。
ここにはイワツバメの巣が、60くらいある。そのうち4つくらいをヒメアマツバメが使っていた。スズメも1つ使っているが、イワツバメはもう使っていないのだろうか。昨年、駅前の中郷公園のトイレの2階にイワツバメの巣が沢山あったが、塗装をやり直したのですべて壊されてしまったようだ。今年はまったくいない。
イワツバメはツバメの仲間だが、ヒメアマツバメはツバメとは名がついているが、ツバメとはまったく違う種である。
翼を小刻みに動かしてすばやく飛ぶ。またイワツバメより翼が長いのでも見分けられる。腰のところが白いのは両者同じだが、腹が白いのはイワツバメ。今駅前では両者入り乱れて飛んでいる。駅構内の巣はイワツバメが使っているが、ヒメアマツバメも駅構内まで今年は入ってきているようだ。
最近は駅前の人通りはすごく増えたが、この両者は何年も前からここで子育てをしている。
たまには普通のツバメとは違い尾の短い、イワツバメとヒメアマツバメを眺めるのもいいのでは。

ヒメアマツバメ
P6034336a750

イワツバメ
P6013296a160_1


野鳥の話題ではないが、アカシジミが今年は多いのではと思っていたら、Mさんから今日の夕方改札前をアカシジミが飛んでいたと聞いた。首都大学のほうから飛んできたのだろうか。駅前にアカシジミが飛んでくるところなんて、南大沢くらいでは・・・・

|

« 雨上がり | トップページ | オオミドリシジミ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24697/15302887

この記事へのトラックバック一覧です: 南大沢駅でバードウォッチング:

« 雨上がり | トップページ | オオミドリシジミ »