無料ブログはココログ
2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« ウラギンシジミの幼虫と卵 | トップページ | チョウが戻ってきた »

2007.09.04

今年のセミ達

一昨年も多かったが、今年もセミが多かった。
これは、数を数えたわけではないので、あくまでも個人的な感じである。
大平公園、清水入緑地で、アブラゼミはそれこそ騒音であった。
夜でも、2時ごろまで鳴き続けた。
ヤゴが羽化するときに場所不足で、ヤゴの上にヤゴと重なっているのを見たことがあるが、セミも抜け殻がいくつも重なっていた。

新聞では、大阪のクマゼミは4年毎の周期の当たり年との事。
光ケーブルに産卵して断線する事故が起きていると、ニュースで見た。
そういえば、南大沢でもクマゼミが鳴いており、温暖化の影響か、北へ勢力を広げているとか。
クマゼミは何度も追いかけたが、一鳴きすると次の樹へと移ってしまい、まだ撮影できないでいる。

アブラゼミ
P8265186a750

抜け殻の集団
Q9027091a750

ミンミンゼミ
P8265175a750

« ウラギンシジミの幼虫と卵 | トップページ | チョウが戻ってきた »

旅行・地域」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年のセミ達:

« ウラギンシジミの幼虫と卵 | トップページ | チョウが戻ってきた »