« 雑木林で枯葉が舞う頃 | トップページ | アカショウビン »

ルリビタキ

今年は、キクイタダキが多いと言う。
高尾あたりでは見られるが、里にまで多く下りて来ているという年はあまりなかった。
南大沢近辺でも、見たという情報が多い。
ところが、どういうわけか、なかなか出会えないでいる。
まあ、もっともそんなに熱心に鳥を探して歩いているわけではないので、仕方ないけれど。
長池公園では、ルリビタキ、ジョウビタキ、シメ、アオジと冬鳥が見られた。
ルリビタキは瑠璃色のきれいなオスになるには3年くらいかかるという。
それまでは少し青いくらいの若鳥といわれる期間がある。
長池公園には、そんなのが、数羽いるみたいである。

ベニマシコや、オオマシコ、オジロビタキ等の便りも聞かれる様になったが、さあ、今年はこの近辺に何が現れるだろうか。

Rc210702a700


|

« 雑木林で枯葉が舞う頃 | トップページ | アカショウビン »

コメント

ご無沙汰です。
キクイタダキは多いようですね。私も、先日葛西で撮影に挑戦しましたが、100枚位撮って、全滅状態でした。とにかく、動きが早くて、私の実力では追い切れませんでした。多分、これから出くわすことがあると思いますので、挑戦結果を楽しみに待ってます。

投稿: 摩周 | 2007.12.21 21:52

摩周さん、こんにちは。
摩周さんのブログのキクイタダキ見ましたよ。
全滅ではないです。はっきりと頭の黄色もわかるではないですか。

ところで、投稿の摩周の文字ではブログに入れませんね。
わざと@付なのでしょうか。

投稿: | 2007.12.22 10:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24697/17437441

この記事へのトラックバック一覧です: ルリビタキ:

« 雑木林で枯葉が舞う頃 | トップページ | アカショウビン »