« ネイチャーイベントワークショップ | トップページ | オオヤマトンボ »

エゴヒゲナガゾウムシ

昨年の夏、エゴヒゲナガゾウムシのメスの写真を、このブログの「チシャムシの母」と言うページに載せた。
チシャとはエゴノキのことで、チシャムシはその実の中にいる小さな幼虫で、釣の餌として使うそうである。
そして親になるとエゴヒゲナガゾウムシである。

今年は、長池公園のエゴノキでこの虫がたくさんいるとNさんから聞いた。
是非オスが撮りたいと行ってみると、なるほど沢山見つかった。
駐車場の周りや自然館の周りのエゴノキである。

別名をウシズラゾウムシと言う大変ユニークな顔をした小さな虫である。
顔面が平らで眼が離れているが、オスは顔の突起の上に眼があり、特に離れている。
R7263206a750

もう少し近寄ってみると
R7263205a750

ちなみにメスは、ややまともな顔 (昨年の写真より)
Q8136700a750

昨年のブログのチシャムシの母 → クリック


|

« ネイチャーイベントワークショップ | トップページ | オオヤマトンボ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネイチャーイベントワークショップ | トップページ | オオヤマトンボ »