« クサカゲロウの幼虫 | トップページ | 昆虫観察会 »

多摩川に行ってみれば

この時期になると、サシバが見たくなる。
もう10年以上前に、伊良湖岬で7000羽と言うタカの渡りを見て以来、秋になると以前ほどではないがそわそわしてしまう。
今日は、関戸橋下流の多摩川、交通公園のところに行ってみた。
大雨の影響で、河原は大きく変わってしまっている。
今日も、水量は多い。
朝のうちは雲ひとつない青空だったが、雲がだんだん多くなり蒸し暑くなった。
残念ながらサシバは見つからなかった。
ノビタキが時々出てきた。
久しぶりの、デジスコなのでどうも要領が悪かった。
電池は切れているし、メディアは入っていないし、設定の仕方は忘れるし・・・・
14時を過ぎるとオオタカが現れた。
200mくらいの遠さであるが、川の中の倒木で餌を食べだした。
餌は見えないが、中型の鳥のようだ。
あまりに遠いのでスコープで見ていたのだが、デジスコの練習と言うことで撮影してみた。
その後、なかなか面白い展開になったので、時間を追ってやや枚数が多いですが、その様子を。
写真をクリックすると拡大します。

14:10 餌を食べていると、早速カラスが寄ってくた。
P9233431a750

14:13 食べ終わったオオタカは、左の草の後ろ側で水浴びを始めた。
P9233432a750

14:31 そこへアオサギが飛んできて倒木にとまった。
P9233438a750

14:32 水浴びを終わったオオタカがひょっこり元の位置に戻ってきた。アオサギはびっくり。
P9233444a750

14:32 またカラスが飛んできて間に割って入る。オオタカは知らん顔で羽繕をしていた。
P9233453a750

14:36 アオサギは堂々と日光浴を始めた。オオタカにやられる心配はないと思ったのだろう。
P9233460a750

14:51 オオタカは羽も乾いて飛び立てる状態だがそのまま、アオサギもそのまま。
P9233468a750

こちらは、帰る時間なので、ここで終了。その後いつまでこの2羽はいたのだろうか。


|

« クサカゲロウの幼虫 | トップページ | 昆虫観察会 »

コメント

秀さん、こんばんは。

写真のストーリーがおかしくて久しぶりに大笑いしました。夫もうけていました。
実は私も25日に浅川に行ってアオサギとカモが一緒に餌を食べている写真とコサギの写真撮ってきましたが、何分望遠レンズがないので、写真が小さくて遠いので、カモの名前は解かりませんでした。
多摩川にはオオタカもいるんですね。会ったことがないので見て見たいです。
関戸橋の下流の交通公園の辺りですね。オオタカは冬もずっといますか?

投稿: ろーずまりー | 2008.09.29 21:15

ろーずまりーさん、こんばんは。

多摩川の交通公園の先の観察小屋のところにはいつも野鳥を見る人がいます。
これから、オオタカが出てくるシーズンなので、カメラマンも大勢来ます。
運がよければオオタカが見られますよ。ハヤブサやノスリやチョウゲンボウも出ます。
スコープや望遠レンズをつけたカメラマンに聞けば今日出てきたか教えてくれると思います。

投稿: | 2008.09.30 23:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クサカゲロウの幼虫 | トップページ | 昆虫観察会 »