無料ブログはココログ

« アイヌ民族と南大沢 | トップページ | クサカゲロウの幼虫 »

2008.09.20

ホシホウジャク

昨日の午前中、台風が来る前にと長池公園へ行ってみた。
西エントランスの上ではオオタカが舞っていた。
秋の渡りのエゾビタキが見たいなと思ったが、出会えず。
里山クラブの畑のところに、ホシホウジャクがいた。
じっとしているのは1秒くらいで次から次へと花の蜜を吸っていく。
蛾なのに非常にすばやい動きである。
飛んでいると色がありきれいだが、止まるとまったくの蛾になってしまう。
Q9190507a750


« アイヌ民族と南大沢 | トップページ | クサカゲロウの幼虫 »

「昆虫」カテゴリの記事

コメント

秀さん、こんばんは。

ホシホウジャクってカクトラノオが好きなんですか?
同じような感じの虫がよくアベリアの木にいます。最初見た時蜂かと思いました。羽が透明で胴が黄緑色をしたのです。ちょっと大きいので怖いです。

ろーずまりーさん、おはようございます。

この花は何かなと思っていましたが、カクトラノオというのですか。
教えていただいて、ありがとうございます。
長い口吻を伸ばして蜜を吸うので、花の形が好みなのだと思います。
別に怖くはないのでじっくり観察してください。

落雷の影響でPCが壊れ、修復に大変な思いをしました。
… それはさて置き、この一瞬がなかなか撮影できないものなのですよね。
ろーずまりーさんが見られた

> 羽が透明で胴が黄緑色をしたのです。ちょっと大きいの

はオオスカシバでしょう。

黒猫さん、お久しぶりです。

今年は落雷の被害にあわれた方が結構いたようですね。
電源を落とすだけではなくて、コンセントを抜かないといけないみたいですね。
オオスカシバの飛翔も撮りたいです。

また南大沢に来てください。

秋のうちにでも一度伺うかもしれません。
今回、サージ電流が電話線からモデム経由でPCに流入したようです(モデムもおシャカになった)。
全く油断なりません。
これも温暖化の影響の一つでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アイヌ民族と南大沢 | トップページ | クサカゲロウの幼虫 »

2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31