« 秋晴れの日の散歩 | トップページ | オオアオイトトンボ »

東京都心の蝶

今日は、ちょっと南大沢から離れた話題です。

昨年から、新宿勤務になって、新宿で飛んでいる蝶に興味を持ち始めた。
昼食をビルの8階でとっていると目の前を悠々とクロアゲハが飛んで行ったりする。
昨年は、三井ビルのところでアサギマダラを見つけたが、写真を撮ることはできなかった。
今年は、新宿中央公園に行ったら、アサギマダラがいた。
そのときの写真がこれである。
Ra034499a750


ところが、都会の蝶を20年も撮っている写真家がいる。
その人の写真展が今日から銀座で始まったので、早速行っていろいろと話を聞いてきた。

会場は、銀座教会1階のギャラリー エルピス。
関洋写真展「都市蝶」2006~2008
ギャラリー エルピスのHPでは以下のように書かれている。

**************
都会の自然誌の一頁を記すべく都市に生きる蝶をモチーフに撮影を続けて20年、銀座で11種、東京23区では46種を記録しています。今回の「都市蝶2006~2008」では、銀座四丁目交差点に咲く花に飛来したイチモンジセセリ、丸の内のビル街で蜜を求めるアオスジアゲハ、晴海通りのマンションを背景に秋空を舞うアゲハ、隅田川テラスの花壇を訪れた温暖化の都心で急激に数を増したツマグロヒョウモンほか、大手町、日本橋、赤坂、六本木など、東京の都市部でこの3年間に出会うことができた蝶を、自然光のもとに撮影した作品約30点で紹介します。その気になれば、都会でも意外と多くの小さな命にふれることができます。この写真展が身近な自然に目を注ぐきっかけとなれば幸いです。
ギャラリー エルピスhttp://www.ginza-church.com/center/art.html
2008年11月4日(火)~9日(日)11:00~19:00
(初日12:30~ 最終日12:30~17:00)
***************

以前は、高尾や小野路、野津田などでも撮影していたとのこと。
最近は、都心でも写真や下町での撮影が多い。
中でも、上野公園のコロー展の大きなポスターか看板を撮影した中にアゲハチョウが3頭舞っているところの写真は、チョウが絵の一部のように見えとても気に入った。
そのほかウォーターフロントや銀座の蝶など。
小さな、写真展ですが、写真集やポストカードも置いてあります。
興味のある方は是非どうぞ。

|

« 秋晴れの日の散歩 | トップページ | オオアオイトトンボ »

コメント

「都市蝶」に行ってきました。
そこで関さんから、近くの画廊の写真展で生きたオオゴマダラの蛹と成虫も展示していると聞き、立ち寄ってみました。
ところで今年は山の上で初めてアサギマダラを見たのですが(そこはキジョランがあるので発生地)新宿にもいたとは …
その山頂ではオオミドリシジミが人の目の高さ程度でテリを張っています。

投稿: 黒猫 | 2008.11.07 00:27

黒猫さん、お久しぶりです。
そうですか、オオゴマダラの蛹と成虫も展示している写真展があったのですか。
来年は、またオオミドリシジミの良い写真がとりたいですね。

投稿: | 2008.11.07 10:33

「銀座の蝶」!
色っぽい写真のことかと思いました(ウソ)

最近はビルの「屋上庭園・菜園」なども増え、そういったところにも蝶たちも来ているのでしょうねぇ。

私のブログの今日のエントリにCanada Goose(シジュウカラガン)の雛と戯れるアゲハチョウの写真、その他カナダの野生動物の写真へのリンクを載せてみました。よろしかったらリンク切れになる前にご覧ください。

投稿: sなか | 2008.11.12 19:06

sなかさん、こんばんは。

だから、「都会の蝶」ではなくて「都心の蝶」と書いたでしょ・・・。
まあ、銀座にもいろいろとチョウがいることがわかりました。

カナダの、シジュウカラガンの雛とチョウの写真みました。
いいですね。

こんな感じのを撮りたいのです。

投稿: | 2008.11.12 22:32

たしかに上野のポスターの前のアゲハチョウは、CG合成みたいで不思議な雰囲気を出していました。
撮影された関さんは学校の先輩でした。

投稿: 黒猫 | 2008.11.12 22:44

黒猫さん、こんばんは。
やはり、あのような写真は撮ろうと思って撮れる物ではなくて、出会いですね。
でも、その時にサッと撮れる準備が出来ているかだと思う。
うーん、難しい。

投稿: | 2008.11.14 18:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋晴れの日の散歩 | トップページ | オオアオイトトンボ »