« 久しぶりの雪景色 | トップページ | セイヨウミツバチ »

春の小川

3日前は、雪景色の記事であったが、今日は春の小川である。
でも今日は、日差しは強かったが風は冷たかった。
そして明日はまた雪の予報である。

子供の頃にはこんな小川があったが、今ではなかなか見られない。
湧き水がいくつもあって、だんだん水量が増えて小川になり、セリも見られ、カワニナも見られた。
ゆったりと流れ、水も温んでいる。
R3024002a750

ここは、多摩境駅近くの片所谷戸。
夏にはゲンジボタルが飛ぶ。

この上流の小さな池には小さなおたまじゃくしがたくさん泳いでいた。
ヤマアカガエルのおたまじゃくしだろうか。
R3023984a750

昨年、ここの開発計画が朝日新聞(←クリック)に出ていたが、「小山のホタルと自然を守る会」で保全を訴えている。会のホームページに記事があります。
今年は、ここでゲンジボタルが見られるのだろうか。

昨年のゲンジボタルの記事
一昨年のゲンジボタルの記事

|

« 久しぶりの雪景色 | トップページ | セイヨウミツバチ »

コメント

こんばんは。
ここはまだ行ったことがありませんでした。ホタルが見られるところなんですね。今年はぜひ見たいものです。

投稿: 多摩NTの住人 | 2009.03.07 21:16

多摩NTの住人さん、こんばんは。
この、片所谷戸は小さな区域ですが、最後に残されたところですね。
ホタルの見られるところは、わずかながらまだいくつか残されています。

今月下旬になれば、カタクリが咲き出しますが、小山田端自然公園には行かれましたか。この時期だけ開放されると思います。
http://minam.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_a0cc.html

投稿: | 2009.03.07 22:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶりの雪景色 | トップページ | セイヨウミツバチ »