« ゴマダラオトシブミ | トップページ | ヤマユリ »

霧の長池公園のはずだったが?

今朝、南大沢は濃い霧に包まれた。
でも、やや風があり、霧の写真を撮るには急がないと、と慌てて長池公園に着くと霧は薄くなってしまっていた。
あと30分くらい早ければ良かったのだが。

築池の水面はさざ波が立ち、カルガモが1羽泳いでいたが、残念ながら濃い霧にはもう包まれていなかった。
P7299972w750

暗い林の樹液のところには、クロコノマチョウがいた。
南方系のチョウだが、だんだんこの地域でも見られるようになってきている。
P7299981w750

ヤマトシジミも、まだ気温が低いので、水滴の付く葉にとまりじっとしていた。
P7299983w750


|

« ゴマダラオトシブミ | トップページ | ヤマユリ »

コメント

こんにちは
クロコノマチョウ本当に良く見られるようになりましたね
昨年はじめて狭山丘陵で見たのですがそれから
あれよあれよと言う間にあちこちで見られるようになって
驚いています
霧に包まれた幻想的な写真拝見できなくて残念です

投稿: あかね | 2009.07.29 18:09

あかねさん、こんばんは。
そうですか、狭山丘陵でもクロコノマチョウは良く見られるようになったのですか。
心に残る風景写真も撮りたいですね。

投稿: | 2009.07.29 20:29

私も六月末、武蔵五日市駅でクロコノマチョウを撮影してきました。
こういう北上組を「ゼフィルス」の向こうを張って「ノトス」(Notos=ギリシャの南風の精)と呼ぼう、と提唱しているのですが、未だ賛同者はありません。

八王子市内でオオウラギンスジヒョウモンも見ましたよ。

投稿: Euros | 2009.07.29 22:21

Eurosさん、こんばんは。
五日市や八王子まで、いろいろ出かけておりますね。
こちらは、都会へ行くとチョウを探しております。
やはり毎年、少しずつ変化しているみたいですね。

投稿: | 2009.07.30 20:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴマダラオトシブミ | トップページ | ヤマユリ »