« ホソオチョウ | トップページ | コムラサキ »

ジャコウアゲハ

ホソオチョウがいたところにはジャコウアゲハもいた。
ジャコウアゲハの食草はウマノスズクサで、同じところに両者の卵があったりするので、やはり争いはあると思う。
ひらひら飛んでいたジャコウアゲハがいなくなったと思ったら、産卵をしていた。
P8130391w750

この、産卵直後の卵を接写してみると独特の色と形をしていた。
P8130394w750

そして幼虫は、これもなんとも言えぬ形をしている。
P8130375w750

別のジャコウアゲハも産卵していたが、そのそばにはホソオチョウの卵がびっしりとあった。
ジャコウアゲハの卵よりもかなり小さくて、どうやらもう空のようだ。
P8130402w750

ウマノスズクサには毒があり、幼虫の時にこれをもりもりと食べるので、成虫にも毒がある。
それで、ひらひらと優雅に飛んでいても鳥に食べられないらしい。
そばにムクドリの幼鳥がいてセミを追いかけていたが、幼鳥でもジャコウアゲハに毒があるとわかるのだろうか?

|

« ホソオチョウ | トップページ | コムラサキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホソオチョウ | トップページ | コムラサキ »