無料ブログはココログ

« クロコノマチョウ羽化 | トップページ | 顔のような葉っぱだが・・・・ »

2009.09.13

ナガサキアゲハ

南方系の蝶で、生息地を北へ広げているのが増えている。
クロコノマチョウもそうだが、ツマグロヒョウモン、ナガサキアゲハ、ムラサキツバメ等は東京でも見られるようになり、その他に北上が観察されているのが、ミカドアゲハ、イシガケチョウ、タテハモドキ、ウスイロコノマチョウである。
ナガサキアゲハが長池公園周辺で見られているので、写真を撮りたいのだが、なかなか難しい。
先日ようやく証拠写真として撮ることができた。
オスは真っ黒でアゲハチョウ類には通常ある尾状突起がない。
これは2006年に長池公園で撮影したものである。
P7238261w750

今年は、メスが飛んでいた。
こちらは、真黒ではなく白と赤が入っている。
P9071630w750

尾根幹線沿いのクサギに来ていたが、カラスアゲハに追いかけられていた。
P9071634w750

何でも地球温暖化の原因としたくはないが、年平均気温が15℃を越えるとナガサキアゲハが生息するという報告もあった。→クリック

« クロコノマチョウ羽化 | トップページ | 顔のような葉っぱだが・・・・ »

」カテゴリの記事

コメント

今晩は、秀さん。

ナガサキアゲハは地球温暖化のバロメーター
なんですね。
しかし、何度でも書きますが、いつ拝見しても
美しいお写真を撮っていらっしゃいますね。

papurikaさん、こんばんは。
ありがとうございます。

でも、飛んでいる写真はいつもながら難しいですね。
もう少し、あわてないで撮れるようになりたいです。

地球温暖化の影響かどうかはものすごく微妙ですね。
ひとつの原因かも知れませんし。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クロコノマチョウ羽化 | トップページ | 顔のような葉っぱだが・・・・ »