« 300mmレンズで野鳥撮影 | トップページ | ナナホシテントウ »

小山内裏公園での野鳥観察

昨日、小山内裏公園の「冬鳥の観察会」に参加した。
講師は、野鳥カメラマンの叶内拓哉さんで、30名ほどの参加者と一緒に午前中3時間ほど園内を回り、午後は室内での野鳥の写真をプロジェクターで映しての解説であった。
鳥の数は少ないが、種類はまあまあといったところか。
観察できたのは、以下の28種であった。
アオサギ、トビ、オオタカ、ノスリ、キジバト、コゲラ、アオゲラ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、モズ、ルリビタキ、ジョウビタキ、ツグミ、ウグイス、エナガ、シジュウカラ、ヤマガラ、メジロ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ、シメ、スズメ、ムクドリ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ガビチョウ。

12月に長池公園公園で観察した時に27種だったので、ほぼ同じである。
その時よりも、トビ、オオタカ、ノスリ、アオサギ、カシラダカ、カケスが増えて、カルガモ、コジュケイ、カワセミ、キセキレイ、ドバトが見られなかった。
長池公園と小山内裏公園の特徴が現れたようだ。

サンクチュアリの中の田んぼでは沢山のヤマアカガエルの卵が観察できた。
今年は多いような気がする。

午後の鳥の見分け方のレクチャーも、かなり高度なものもあり面白かった。
天気も良く、久しぶりの野鳥観察の一日となった。

なぜか、尾根緑道で1羽だけいたカシラダカ
R2206812w750

|

« 300mmレンズで野鳥撮影 | トップページ | ナナホシテントウ »

コメント

秀さん
観察会楽しかったようですね。参加できず残念。また何処かに鳥見に
行きましょう。

投稿: ラフェット多摩 | 2010.02.21 20:08

ラフェット多摩さん、こんばんは。
昨日は、残念でしたね。
久しぶりに叶内さんといろいろ話が出来ました。
スコープにデジタル一眼をつけての撮影をしていると言うことです。

投稿: | 2010.02.21 23:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 300mmレンズで野鳥撮影 | トップページ | ナナホシテントウ »