« 小山内裏公園での野鳥観察 | トップページ | ゴマギ »

ナナホシテントウ

今日は、風もなく暖かな日となった。
中山の丘陵地帯の畑では、オオイヌノフグリやホトケノザが咲いていた。
クモや、アリや、テントウムシがずいぶん活発に動き始めていた。
ナナホシテントウを超広角レンズで撮ろうと思い、ホトケノザの花に登ったのにレンズをぐっと近づけた。
まず一枚撮って、次に飛ぶ瞬間を撮ろうと考えた。
R2236826w750

ところが、一枚撮ったら、あっという間に飛んでしまい、慌ててシャッターを切るも、数メートル離れると超広角レンズでは点になってしまった。
遠くに南大沢の高層団地が霞んで見えた。
R2236827w750

|

« 小山内裏公園での野鳥観察 | トップページ | ゴマギ »

コメント

ホトケノザにテントウムシ、とても絵に
なりますね。
あっ、点が見えました!(笑)

投稿: papurika | 2010.02.23 21:42

papurikaさん、こんばんは。

自宅でPCに取り込んだら、点がありました。
たぶんこれがそうだと思います。

明日は天気良さそうですが、所用で観察会欠席します。

投稿: | 2010.02.23 23:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小山内裏公園での野鳥観察 | トップページ | ゴマギ »