« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月の6件の記事

ホシホウジャク

暑い夏が、先月まで続いていたのに、急に寒くなってきた。
気持ちの良い秋があまりないうちに冬になりそう。
ところが、10月も終わるころだというのに台風がやってきそうである。

3か月ほどの準備と、1か月の本番の写真展が終わって、後始末の1か月が過ぎてしまった。
エネルギーが切れたわけではないのだが、体調不十分であまり写真を撮りに出かけていないこの頃です。

少し前ですが、午後遅く暗くなるころに、長池公園のメキシカンセージにホシホウジャクが来ていた。
じっとしていると地味な蛾ですが、飛び回ると元気よく勢いがあり、またホバリングして蜜を吸うときには、長い口吻を器用に自由自在に曲げて使うので感心する。

そして、この時にはオレンジ色が見えて、なかなか派手に見える。
仲間が来ると、すぐにすごいスピードで追い出しにかかる。

Ra146884w800


Ra146893w800


| | コメント (2)

ホソヒラタアブ

あちらこちらで、セイタカアワダチソウの黄色い花が目立つ季節となった。

背の低い、背高泡立草にホソヒラタアブが来ていた。

ホバリングするのだが、撮影しようとすると動き始める。
なかなか、撮らせてくれない。
だんだん要領がわかってきて、息を止めて、ずいぶんシャッターを押してしまった。

Ra197171aw800


Ra197079aw800


| | コメント (0)

桜咲く

数日前のこと、良く見ないとわからないくらいだが、大平公園の桜が咲いていた。
Ra116862w800


この写真は今年の8月に撮ったものだが、左の柵で囲ってあって支えの付いているのはホシザクラで今は咲いていない。柵の外にある右側の大きな桜の樹で、ちらほら咲いている。
R0014818w800


今まで何度も、十月桜として紹介したが、もしかしたら、十月桜ではないのではと思い始めた。
十月桜の花は、調べてみると八重ということだが、ここのは一重であった。
Ra116870w800


同じように、今たくさん咲いている永山の桜通りの十月桜はどうか、昨年のブログを見ると八重であった。

秋から冬にかけて咲く桜は、十種類ほどあり、十月桜はコヒガンザクラの園芸種で八重、フユザクラはヤマザクラとマメザクラの雑種で一重ということだ。
でも、この樹は、早い時には9月末から咲くので、とてもフユザクラとは思えない。
そうするとこの樹は、何だろう。
桜の判定は難しそうだが、春に咲く様子や、葉を調べて何ザクラか、調べてみよう。

| | コメント (8)

秋の小川

南大沢から少し離れるが、八王子市内の多摩川方面に行ってみた。

春の小川という歌はあるが、秋でも気持ちの良い小川はいい。
多摩川から引いた水が流れ、小さな魚がたくさん泳いでいた。
2cmから5cmくらいのが元気よく泳いでいるが、何の子供だろう。

水中にカメラを入れて撮ってみたいものだが、難しそうである。

近くには、蕎麦の花がたくさん咲いていた。
白い花の蕎麦と、赤い花の蕎麦があった。
農家の人に聞いたら、この時期の蕎麦は、霜が来る前に収穫しなければならないので、難しいと言っていた。

今日の空は、まるで春のようにかすんでいて、すっきりした雲は撮れなかった。

Ra187017w800


Ra187013w800


Ra187032w800


| | コメント (5)

秋の雲

今日は曇り日であったが、昨日はじつに気持ちのよい天気であった。

どこの公園も駐車場はいっぱいで、入りきれないくらいであり、陸上競技の記録会、保育園でも運動会、自然観察会、バーベキューを楽しむグループと、秋の一日を楽しんでいる人が多かった。

空には秋らしいすじ雲がいくつも浮かんでいた。
雲、虹、夕焼けなどの空が好きなのだが、写真に撮るのはなかなか難しい。
レンズを変えたり、露出を変えたりして見るが満足したのが撮れない。

これも試行錯誤でたくさん撮影することだと思っている。

昨日の雲の写真の一例です。

Ra166916ww800


| | コメント (2)

雁を見る

写真展が終わって、しばらく南大沢を離れていました。
そこで、南大沢の便りではないのですが、久しぶりに遠出の記事を載せます。

北海道の中央部、札幌の北東にあたる美唄市に、宮島沼という沼があります。
40haですが、深さは平均86cmという大変浅い沼で、周囲は田んぼです。
ここは、国内で13番目にラムサール条約登録湿地に指定されました。

ここに、マガンやヒシクイがシベリヤから渡ってきて、さらに南の本州を目指す中継地となっています。
10月の初めはそのピークで、55,000羽のガンがいたようです。ちょうど良い日にあたり、天気も良く、夕方のねぐら入りを堪能しました。
夕方5時ごろから、群れが隊列を組んで、次から次へと暗くなるまで戻ってきます。
朝は、いっせいに飛び立って、壮観ですが、一瞬で終わってしまいます。
でも夕方は、ゆっくり写真を何枚も撮ることが出来るので楽しいですね。

写真展まで、南大沢の近辺の写真ばかり撮っていたので、たまに遠出をして、地元では撮れない写真を撮るのもまた違った楽しさがありますね。

昼間田んぼで食事をしていたガンが、いっせいに飛び立ったところ。
Ra016488w800

夕暮れの中を宮島沼に戻ってくる群れ。
Ra016529w800


| | コメント (8)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »