« コムラサキの越冬幼虫 | トップページ | マヒワ »

コウライアイサ

連日、南大沢からプチ遠征です。

最近、野鳥観察は長らく御無沙汰であったが、どうしても見たい野鳥で見ていない種がいくつかあり、その中の一つのコウライアイサがいるというので、Mさんと出かけてみた。
朝早く出て、寒い河原を歩きまわって鳥見をするのは本当に久しぶりである。
上流へ飛んで行ったり、下流へ移動したりと、なかなか落ち着きがなく、しっかりと見れなかったが、昼ごろになり遠いながらもなんとかじっくりと見ることが出来た。
カワアイサのメス3羽と一緒にコウライアイサのメスがいた。
カワアイサより一回り小さく、なんといっても冠羽が長く、脇にはうろこ模様がある。
カワアイサは結構見ることはできるが、コウライアイサは日本に来ることが少なく、世界的にも数が少ないといわれている。
久しぶりに確認種を1種増やすことが出来た。
Mさんに感謝です。
また、発見者のHさんにも情報をいただき感謝です。

左はカワアイサ、右がコウライアイサ
(かなり遠いのでデジスコで撮り、トリミングしています)
R0015514w800


|

« コムラサキの越冬幼虫 | トップページ | マヒワ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コムラサキの越冬幼虫 | トップページ | マヒワ »