« センダンの実 | トップページ | 狂い咲き?? »

トビナナフシの不思議

真っ青な気持ちの良い空。

長池公園のセンダンの実は今日も青空をバックに輝いていた。

自転車で坂を上り、樹木の茂る遊歩道に入る。
入口はこんなところ。
Sc081093w800a

ここの手すりは、冬の昆虫観察には最適で、何かしらが見つかる。
カメムシ、テントウムシ、クモ、幼虫などなど。

今日は何がいるのか。
早速、トビナナフシを見つけた。
Sc081111w800


10mほど行くと、またトビナナフシ。
そして、さらに先にも、トビナナフシ。
何ということか、10mくらいおいて次々と手すりの上にいるではないか!!
Sc081105w800


結局150mくらいの間に、20匹いた。
先日はカメムシが一匹だけで、トビナナフシはまったくいなかったのに、今日こんなにいるのは何があったのだろう?

昨晩、雨が降ったので木から落ちたのだろうか。それがたまたま手すりの柱を登ったので行き場がなくなって、手すりの上で休んでいるのか?

今日はとても寒かったので、鉄製の手すりが、太陽で暖まっているのがいいのだろうか?

アブの仲間の幼虫が、手すりの上でじっとしていたが、小さなアブラムシが通りかかると、目にもとまらぬ速さでくわえてしまった。
でも、ナナフシは植物食なので、餌の昆虫が通りかかるのを待つということではないし??


Sc081125w800

まあ、こんな手すりの上に20匹、間隔をあけてじっとしている、トビナナフシの不思議でした。

|

« センダンの実 | トップページ | 狂い咲き?? »

コメント

こんにちは。
私も不思議に思っていました、ナナフシがいつもいるのですから。
歩く時間や天気によってちがうのでしょうか?私が見るのは
いつも10から12、3くらいです。
ここは、初心者の私でも昆虫を楽に見つけられる良い場所です!(笑)

投稿: 多摩子 | 2010.12.09 10:18

多摩子さん、こんばんは。

今日は、6匹くらいしかいませんでした。

ところがなんと、反対側の網のフェンスには35匹いました。

何んというところなのでしょう。よっぽど環境がいいのかな。

昨年の多摩子さんのように、オスを見つけようとしましたが、これだけいても見つかりませんね。

投稿: | 2010.12.09 19:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« センダンの実 | トップページ | 狂い咲き?? »