« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月の9件の記事

イソヒヨドリ(磯鵯) ♂

最近、このブログに時々登場するのが、イソヒヨドリ。
最近は三井アウトレットで見かけるメスが多かった。→以前のブログ
今日は、オスを見つけた。

数年前に、オスを見たのは長池見附橋あたりであった。
今日いたのは、そこからほど近いグリーンウォーク多摩。
ホームセンターのコーナンやヤマダ電機やユニクロ、スーパーに飲食店等々人がたくさん集まるところ。
どうしてこう混雑したところが好きなのだろう?
それも、オスメスですみ分けている。
オスはホームセンター好きで、メスはアウトレット好きなのか。

最初に見つけたのは、駐車場の間の小さな斜面でえさ探ししていた。
標準レンズしかもっていなかったが、8mくらいのところ。
S1256294w800


そのうち屋根の上に登ってしまった。
S1256475w800


望遠レンズを車に取りに行って戻って撮影したが、25mくらい離れているので、そうとうトリミングしてこのくらいであった。
S1256458w800


南大沢では、イソヒヨドリが冬にも見られ、夏繁殖もしているようだ。
と言うことは、ここで生まれたイソヒヨドリの可能性がある。
と言うことは、このイソヒヨドリは、磯をまったく知らない、海を見たことがないイソヒヨドリかも知れない。
ちなみに、白点が混ざっているのでこれは若鳥である。
もっとも、日本では海岸で見ることが多いのでイソヒヨドリだが、英語ではBlue Rock Thrush である。

| | コメント (4)

トラツグミ

天気予報を見ていると、首都圏はずっと晴れ、日本海側はずっと雪である。
太陽の陽を受けられるのは本当に嬉しい。が、乾燥は相当なので、インフルエンザも徐々に増えているようだ。

隣の市の公園に、あまり期待もしないでMさんと寄ってみたら、思いがけず、トラツグミに出会えた。
それも何度も撮影のチャンスがあった。
同じ個体かどうかわわからないが、少し離れたその公園内の別の場所でも出会えた。
暗かったり、遠かったりしたが、最後は陽のあたるところだったので、久しぶりにトラツグミの良い写真が撮れた。

S1226120w800


S1226173w800


今年は、トラツグミが結構いろいろなところで観察されているようだ。

| | コメント (4)

マヒワ ♂

尾根緑道のマヒワの丘(勝手に今年だけ限定で付けた仮称)に行くと、今年は必ずマヒワに会う。
もっともチラッとしか見られないこともあるが、ぐるぐると移動しながら、一日に何回かはやってくるのだろう。

♂の写真が撮りたいと思っていた。

今日行ってみると、まったく鳴き声もしないで見当たらない。
ところが、奥の方に行ってみると、まったく音を立てずに静かに10羽くらいが食事中であった。
それも低い位置で。

細い枝の先で器用に食べているのを何枚か撮影できた。

S1195995w800


S1195967w800


♂の、黄色と黒の色合いと、静かな鳴き声が何とも言えずいい。

マヒワに混ざって、ベニヒワが来る場合があると聞いたが、まだ見つけられない。

| | コメント (2)

ツララ(氷柱)

晴天が続き乾燥注意報が出て、インフルエンザも流行しつつある。

以前から、尾根幹線を越えた小山田で野鳥を観察したいと思っていた。
多摩ニュータウンの開発から外れているため雑木林、畑、水田、草原、点在した民家や公園が、上小山田から下小山田にかけて広範囲に広がっている。
上小山田から東の方面をみるとこんな感じである。
S1145614w800


ここで、どんな野鳥に出会えるかと思って行ってみたのだが、残念ながら、普通に見られる種類ばかりであった。それでも、出会った順にシロハラ、アオジ、ホオジロ、ウグイス、カワラヒワ、ジョウビタキ、ツグミ、ヒヨドリ、ハシボソガラス、スズメ、メジロ、シジュウカラ、キジバト、トビなどが見られた。

そして、畑の脇の小川の日陰のところに大きなツララがあるのを見つけた。
昼過ぎで、だいぶ融けたのではないかと思うが、60cmくらいある。
最近、このあたりでツララを見たことがなかったのでうれしくなってしまった。

S1145638w800

更にカーブしているツララがあった。

S1145636w800


普通は水滴が垂れて凍るので垂直だと思うのだが・・・・・
きっとカーブした根にそって出来た氷が、重みで外れてしまったのではないかと思うがどうなのだろう。


| | コメント (4)

大笑い?

日曜日に町田市の公園に行った。
Kさんが見つけたのだが、アカスジキンカメムシ幼虫の越冬しているところを教えてもらった。

どう見ても大笑いしている顔に見えた。

S1095495w800


それも6匹も固まっていた。
ここで越冬できるのだろうか。

アカスジキンカメムシは、春になって脱皮すると、今の笑い顔とは全く違った緑色で光った美しい成虫になる。

以前撮影したアカスジキンカメムシ成虫
R6092070w800


| | コメント (2)

シモバシラ 2011

冷え込みが続いているが、今日は寒かった。

そこで、シモバシラ(シソ科の植物)の氷の華が出来ているか見に行くと、今年一番の出来でした。
(写真をクリックすると大きくなります)

S1085394w800


高尾山の一丁平では沢山大きなのが出来ていますが、南大沢でも条件が良ければ少しは出来ます。

今年はずっと晴天続きで、乾燥しており、地中の水分も少ないようで、なかなか出来なかったのですが、やっと本格的な寒さになり出来たようです。
これで、大きさは10cmくらいでしょうか。

S1085407w800

以前のブログを調べてみると、2008年1月には、ここでもっと沢山、大きいのが出来ていた。


長池公園の自然館脇にもあるので行ってみた。
小さなのが出来ていたが、どれだかわかりますか。

S1085416w800


シモバシラの枯れた茎は、そこから左の方に3本くらい出ていて、そこから氷の華が夜中に成長したようです。
ここのは、透き通っていてガラスのようであった。

S1085418w800


| | コメント (4)

ロウバイ

日本列島に寒気がやってきて大雪のところも多いが、関東は寒いが晴れた日が続いている。


この時期に、黄色く咲いているのがロウバイである。

R1038134w800


長池公園西エントランスのバス通りからの階段を登ったところに咲いていて、その脇で正月休みの子供がバレーボールをしていた。

R0015582w800


センダンの実は、真っ白からだいぶくすんだ黄色になって来たが、ムクドリが来ていた。

R1038117aw800


| | コメント (0)

写真展のお知らせ

最近は、1月が恒例となりましたが、仲間の皆さんと年に一度のグループ展を開催しますので、そのお知らせです。
南大沢からは少し遠いですが、興味のある方はぜひおいでください。

ホームページ「南大沢の自然」のトップページには、掲載しましたので、ご覧になった方もいると思いますが、次のように開催いたします。

第7回 里山写真クラブ作品展
 日時:平成23年1月11日~16日(午前10時~午後6時)
 会場:かなっくホール・ギャラリーB
     JR東神奈川駅前
 20名参加で、里山風景、昆虫、野鳥、植物などの作品40点。
 私は13日(木)に会場におります。

Jwnan14553

| | コメント (0)

新春の鳥

あけましておめでとうございます。
今年も、「南大沢の自然」とこのブログ「南大沢季節便り」を、よろしくお願いいたします。

やはり正月は何かと忙しく、3日間あまり自然写真は撮れませんでした。

今年は少し野鳥関連を多くしたいと思っておりますが、昆虫が出てきたり、花が咲き始めるとどうなりますか??

マヒワの便りが多く、今年はマヒワが多いようです。
相変わらず、尾根緑道のマヒワの丘に行けばマヒワには会えますが、写真撮影はもっと撮りやすい場所の方が良いみたいです。

今日、午前中にアウトレットのところを通りかかると、真っ青な空にナンキンハゼの白い実がきれいでした。
キジバトが白い実をよく食べていますが、今日はスズメが食べていました。
S1045315w800

スズメは少なくなったと言われていますが、やはり見る機会が減って来たように感じます。
家の周りでも群れで沢山見られたのが、どういうわけか減少しています。

そして、アウトレットのいつもの指定席にイソヒヨドリのメスがいました。
S1045327w800

11月に見た時と同じ場所です。

よっぽど気に行ったみたいですね、この軒下と屋根の上が。

南大沢で、また子育てをしてくれるのでしょうか。

| | コメント (8)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »