無料ブログはココログ

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月の11件の記事

2011.03.31

サクラ咲く

午前中は日も差して暖かくなった。
早い桜がようやく開花し始めた。

清水入緑地沿いの遊歩道では、ホシザクラがチラホラと控えめに咲いていた。

S3319012w700


大平公園の池の隣の大きなホシザクラは、蕾が大きくなり、明日か明後日には咲き始めるでしょう。
柵で囲いがしてあるサクラの木です。

南大沢3-2の遊歩道のしだれ桜も咲き始めていた。

S3318980w700


同じ遊歩道にある、チョウジザクラも咲いていた。
このサクラは花が本当に小さく1㎝もないくらいである。

S3318995w700


やはり、花を見て回ると、少し気分も明るくなってくる。

気仙沼に住んでいる同級生は、家の庭まで津波が来たが、元気で避難所と対策本部の連絡員をしていると友人に手紙がきた。
携帯にメールをしてもエラーになってしまってしんぱいしていたが、元気そうで良かった。

2011.03.28

小山田端自然公園のカタクリ

3月27日が公開日であったので、午前中行ってみた。

でも、長池公園などと同じで少ししか開花しておらず、今年はどうも遅いようである。

前年ながら、今年の公開日は27日だけであったが、当日いただいたプリントには、
来週3日の日曜日も作業日なので、希望者は入れてもらえるようだ。

きっと来週の方がたくさん咲いていることだろう。
でも作業の邪魔にならないようにお願いします。

P3275592w700


カタクリの花は少なかったが、ナガバノスミレサイシンは咲いていた。

P3275595w700

2011.03.26

コスミレ

晴れたが、非常に風が強く寒い一日だった。

遅れていた、スミレの仲間がやっと出始めた。

清水入緑地では、コスミレがたくさん咲く階段があるが、やはり少ない。
以前のように、一面コスミレで感動と言うところはなくなって来たようである。
徐々に、少しづつ場所を移動しているようにも思える。

S3268906w700


タチツボスミレ、アオイスミレも咲いていた。

2011.03.25

アーモンド

長池公園で、自然館の近くにアーモンドの木が植えられている。

一昨日、もう少しで咲きそうな蕾を撮った。

S3238888w800


サクラの仲間である。
最近、いろいろな公園で、よく見るようになった。
まだ、小さな木だが、実がなるのだろうか。

2011.03.24

ハクモクレンの花

すみません、勘違いしてハクモクレンをコブシとして記事を書いてしまいました。
訂正してお詫びいたします。(2011/03/26)

**************************************

部屋から見えるハクモクレンの蕾が、少しづつ大きくなってきている。

今年は、花の付きが良いのか、見事だ。

下へ行って撮影してみたが、これが難しく、実際に見た感じには、なかなか撮れない。

R0015762w800


蕾がわずかに傾いていてまっすぐではない。
みんなそろって北に向いている。


南側の花弁は、陽の光を多く浴びて、育ちが良いからだというのだ。
日陰のハクモクレンの蕾はまっすぐ伸びるのだろうか。

他の桜より少し早めに咲くホシザクラの蕾も、ふっくらと大きくなってきていた。

2011.03.23

カタクリの花

小山内裏公園のカタクリの花が咲き始めたという。

長池公園はどうかと行ってみると、もう少しで咲きそうなのがいくつもあった。

S3238895w800

陽が差して、気温が上がれば咲きそうである。

多摩境の小山田端自然公園の入り口には、今年は3月27日の日曜日が開放日との、掲示が出ていた。
暖かくなるといいのだが。

S3238897w1000

2011.03.22

花咲くころ

今日は一日冷たい雨だった。

午後にはやむと言うので、色のある明るい写真を撮ろうと思っていたが、階下の梅の花も寒そうだった。

そこで、昨年の長池公園自然館での写真展「身近な自然を楽しむ」から、選んだ。
数年前の4月の写真です。
場所は、南大沢からも近い中山。

P4112726w750


もう、一カ月もしないでこんな花が見られる。

自然豊かな北関東、東北の被災地が、元気になることを祈るのみ。

2011.03.20

マヒワ

尾根緑道に行ってみると、ジョギング、ウォーキング、サイクリング、そしてザックを背にした人や買い物袋をさげた人、犬の散歩の人など大勢の人が行き来していた。

四季の丘の上の梅林のところでは、良い梅の花の香りが漂っていて嬉しくなる。

多摩境の西側の展望台のところでは、トイレの工事がもう少しで完成しそうであった。
帰りは八王子市の霊園のところを通ると、墓参りの人がたくさんいて、見たところではお墓に被害はなさそうに見えた。
大きな倉庫との間のせまい草地で、10羽くらいのマヒワを見かけた。
まだ、いたようだ。
150mmのレンズ(35mm換算300mm)しかもっていなかったが、8mくらいだろうか、近寄ることが出来て撮影した。
今年は、マヒワが多くて、ずいぶん楽しませてくれた。
もうしばらくすると、このマヒワも繁殖地へ旅立つことになる。

S3208702w800


S3208825w800


2011.03.19

サンシュユ

あの大地震から、8日も経ってしまったなんて信じられない。
昨日のことのように思える。

被害にあわれた方々には、心からお見舞い申し上げます。
皆さんのところは大丈夫だったでしょうか。

今、自分に出来ることは、節電と、必要なだけの買い物と、義援金しか思いつきません。

普通の生活が普通におくれることが、どんなに幸せなことか、あらためて感じています。

2011.3.11のPM2:46は忘れないでしょう。

その時、最近はめったに行かない西新宿にいました。
まゆ形の専門学校の高層ビルの地下の本屋にいて、本棚が並んだ狭い通路の一番奥で植物図鑑を見ているときにかすかに揺れを感じ、地震かなと思い、その時はあわてず出口に歩きだした。
レジのところで女性の店員が本棚から離れてください。と叫んでいた。
地下道に出る階段を登ろうとしたら大きく揺れて歩けなくなった。
揺れが少なくなってから、西口の地下広場に行くと、大勢の人が空が見える車道に出て、不安な顔をしている。
京王線はすぐに不通。
2度目の大きな地震もあり、ますます多くの人で西口は埋まってしまった。
少しでも早くこの大人数の中から離れた方が良いと思い、中野車庫行きのバスに乗って、途中で降りて笹塚に行った。
この時はなんとか車は動いていたが、やがて大渋滞になってしまった。
電車が動くかと、満員のカフェで1時間ほどいたが、どうも駄目みたいということで、甲州街道を歩き始めた。
南大沢まで歩こうとは考えなかったが、途中の実家までなら歩ける。
歩道いっぱいの人と歩きはじめる。
携帯はつながらず、公衆電話はすごい行列。
自転車屋では、急きょ自転車を購入している人が何人も。
結局7時ごろ杉並の実家に着いてそこに泊り、翌日、土曜日の下りなのに満員電車に乗って帰宅した。
幸い我が家は、わずかにものが落ちた程度で被害はなかった。

南大沢でも、大変な被害が報道されたが、個人宅でも高層の方は食器の被害等かなりあったようだ。

それから一週間。
昨日、駅前へ行くとアウトレットは臨時休業。
イトーヨーカドーは薄暗い中で営業中。

中郷公園のサンシュユは、いつもの年と同じように元気に黄色い花がたくさん咲いていた。

S3188607w800


S3188613w800


テレビではほとんど放送していないが、千葉県でも地震の影響はいまだに続いて、ライフラインがいまだに届いていないところもある。
我が家でも一時避難所的様態である。


2011.03.10

雪だるま

寒い日があったり、暖かくなったり、まったく3月らしい天候である。
先日も、重い雪が結構降った。
次の日、小山内裏公園に行ってみると、すでに融けかかった、かわいい雪だるまが二つ残っていた。

こんな、耳があって、手があって、これでも雪ダルマと言うのだろうか。
葉っぱの目もかわいい。

S3088317w650


こちらは鼻筋が通って、小枝の目で、首をかしげているのがかわいい。

S3088316w650

親子で作ったのだろうか。
子供たちだけで作ったのだろうか。
楽しみながら作ったのだろうと思う。


2011.03.04

ジョウビタキ メス

鑓水は南大沢から少し西の方に位置するが、昔ながらのところと、多摩ニュータウン区域に入って、造成されたとことがある。
鑓水と言うと、絹の道が有名だが、そこから町田街道の方へ浜街道と言われる道が続いていた。それは、そのまま横浜まで絹を運ぶ道だったので、浜街道である。今は、小泉屋敷のあたりから給水塔のあたりまで車は通れない遊歩道になっている。

その小泉屋敷の前にあった、地図と説明版です。

S3038136w800

S3038135w800

そして、小泉屋敷と言うのがこの建物です。

S3038137w800

鑓水公園そばの歩道橋から見ると、タヌキがいて(橋の欄干)、マンションが見えて、戸建て住宅があって、給水塔があって、高校が見えて、遠くに丹沢もみえる。
この住宅地の奥に、旧浜街道がある。

S3038128w600

この浜街道の遊歩道で、とてもフレンドリーなジョウビタキのメスに出会った。
もともと、ジョウビタキのメスは好きなので、何枚も写真を撮ってしまった。
どこに餌があるのかと思ってしまうが、上手に見つけては食べていた。

なんとも、造成地らしいところにしかとまらなかったが。

R3038753w600

R3038806w600

ここで、犬を連れて散歩をしていた地元に住む方に会って、以前の鑓水の話をたくさん聞けて、大変参考になった。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »