« チョウが飛び始めた | トップページ | また大雪だった »

南大沢の化石

特に化石や地層について調べるのが好きと言うことではないが、興味はある。

新宿三越の階段で、アンモナイトなどの化石を見ることが出来るとは知っていたのだが、見たことがなかった。
そこで、先日新宿に行ったついでに見に行った。
まず、入り口に「新宿三越アルコット店内 化石ガイド」という、パンフレットが置いてあった。
これには見取り図があって、何号階段の何階に何の化石があると詳しく書いてある。
これを見ながら、探してみたのが下の写真です。

イタリアの石灰岩からは1億5千万年前のアンモナイトやベレムナイトなどが見られる。
こちらは昭和5年新築の際に使われたもの。

R0016325w800


R0016332w800


山口県の石灰岩では3億年くらい前のサンゴなどが見られる。
こちらは昭和40年の増築の際に使われたもの。

R0016337w800


ところが新宿三越は、3月いっぱいで閉店になり、その後はビックカメラになるとか。
賃貸と言う事なので、この階段は残ると思うが良くわからない。
見るなら今のうちなのか?

さて、南大沢の化石の話である。

22年ほど前のことだが、南大沢図書館がない頃、下柚木にある図書館で「東京の自然を訪ねて」と言う本を借りた。
これに、南大沢近辺の地質について書かれたところがあり、貝の化石が見られると言う。
大昔、海がこのあたりまで入り込み、相模川は津久井湖付近から多摩丘陵のこのあたりを流れていたとのこと。
早速大栗川の崖に化石を採りに行った。

もっとも、印象化石と言って、貝は溶けてしまって、土に貝の形をした凹みがついている化石です。

A1174957w800


A1174960w800


先日この化石をとった上柚木運動公園下の大栗川へ行ってみたが、もうまったくどこの崖だったのかもわからなくなってしまっていた。

南大沢も何10万年前のことを考えると、また違った驚きがあって楽しいです。
「東京の自然を訪ねて」は、南大沢の図書館でまだ借りることが出来ます。

|

« チョウが飛び始めた | トップページ | また大雪だった »

コメント

へぇ〜
化石が拾える場所があるのですね。
田舎で、黒曜石の石器や土器を拾いに行ったことはありますが、化石はありません。
こういったものを探すのも面白いですよね。

投稿: Akakokko | 2012.02.24 23:54

Akakokkoさん、こんにちは。

南大沢はなかなか面白い地域だと思います。
また、こちらへ来る時には一度お会いしたいですね。
ご連絡ください。

投稿: 秀 | 2012.02.25 11:17

こんにちは。
ニュータウンとは言え、いろいろ面白いものがあるんですね。
楽しい街です。

投稿: 多摩NTの住人 | 2012.02.26 12:59

多摩NTの住人さん、こんにちは。

このあたりは、ニュータウン造成時には遺跡の発掘が盛んでした。尾根幹線や尾根緑道の整備地では土器を拾ったことがあります。

それだけ、昔から住みやすい場所だったのでしょうね。

まだまだ知らない、面白い事や所がありそうですね。

投稿: 秀 | 2012.02.26 16:41

こんにちは

化石って、探すと身近にもあるもので
家の近所の石垣にも貝の化石があります。

浜松町に行っていたときに通り沿いの店の壁にベルムナイトとアンモナイト化石があったのを思い出させてくれました。

投稿: 森のきのこ | 2012.03.03 16:38

森のきのこさん、こんばんは。

気をつけて見ないと、これは見つかりませんね。
石垣で貝の化石ですか。
このあたりでもあるのかな。

投稿: 秀 | 2012.03.03 17:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チョウが飛び始めた | トップページ | また大雪だった »