« ヤマアカガエルの産卵 | トップページ | 開花が遅い »

冬鳥が少ないまま終わりそう

どうも今年は冬鳥が少ないと会う人ごとに決まってこの話となる。

見かけるのはいつもいる、シジュウカラ、エナガ、コゲラ、メジロ、ヒヨドリ、ムクドリ、スズメ、ハシボソガラスなどばかりである。
それに少数の、ジョウビタキ、ルリビタキ、アオジ、シロハラ、ヤマガラ、ツグミ、そしてコガモ、マガモなどのカモ類を見かけただけである。

シジュウカラなどは囀りを始めて、早くも繁殖のために巣を探し始めている。

撮影につきあってくれたのは、長池公園の盛んに枯れ木をつついていたコゲラである。

A2175584w800


A2175616w800


もうこのまま、冬鳥の少ないシーズンとなってしまいそうである。

|

« ヤマアカガエルの産卵 | トップページ | 開花が遅い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヤマアカガエルの産卵 | トップページ | 開花が遅い »