無料ブログはココログ

« エゴシギゾウムシ | トップページ | アオバセセリ »

2012.06.02

ミヤコグサ

長池公園の、バス通り沿いにミヤコグサがたくさん咲いているところがある。
長池公園小学校入口の信号のあるあたりです。
花の形も面白い。
調べてみると、セイヨウミヤコグサと言うのもあって見分けがしにくいとか、家畜の飼料として栽培しているところもあるとか出てきた。

A5300151w800


少しアップで撮ってみた。

A5300150w800

花の写真はどうも苦手で、なかなかいい写真が撮れない。

« エゴシギゾウムシ | トップページ | アオバセセリ »

「野草」カテゴリの記事

コメント

おはよううございます、秀さん。

ミヤコグサ、大好きな花です!
愛らしい花ですよね(^^)

昨日、私も写真を撮りましたが、、こんなに群生している
のは初めて見ます。
見事ですね~。

papurikaさん、こんにちは。

ミヤコグサ好きだと言っていましたね。
ここには、延々と何mにも渡ってたくさん咲いています。
だんだん増えてきたようです。

こんにちは。ミヤコグサがとても可愛らしく撮れていますね。
私も今日この前を走りました。
尾根幹線のほうでも見られましたよ。
ところでここから少し駅のほうに向かったあたりの斜面で、去年までヒメハギを見つけていましたが、探し方が悪かったのか、今年は全く姿が見えませんでした。来年、復活してくれることを願っています。

多摩NTの住人さん、こんばんは。

ミヤコグサの花が沢山あるので、いい被写体をじっくり選べるのがいいです。
ヒメハギは、最近見ていないですね。
清水入緑地の北側の分園や、絹の道で見たくらいです。
あまり気をつけて見ていないからですかね。

これで長池公園でシルビアシジミでも確認できたら大発見なんですがね。

毎年行くウラゴマダラシジミのポイントは、台風で数本樹が折れたようで、陽当たりがよくなってイタドリやらイネ科の草が繁茂してまるっきり違った感じになってしまってました。

eurosさん、こんばんは。

先日は、ゆっくり話ができなくて失礼しました。

そうか、考えてもいなかったですね、ミヤコグサとシルビアシジミ。
ヤマトシジミの撮りためた写真を調べましたが、いなかった。

結局、そこではウラゴマダラシジミには会えなかったのでしょうか?

いえいえ、短時間なだけに集中して密度の濃い情報伝達ができたような。

ウスバシロチョウの場合も、食草のムラサキケマンなんて都庁のそばでも自生しているのに、この蝶は東京では八王子あたりが境目でそれより東ではみません。
丹念に調査していけば「パルナシウス・ライン」とでもいった境界線が地図上に引けるかもしれませんね。

ウラゴマダラシジミは、あの日より後、例年のごとくいっぱい見かけたものの、どこで開翅しているか見当付かなくなってしまいました。
一つのポイントに人間側が慣れて、いつ・どこで待っていればよいかが判るには三年程度必要ですが、降り出しに戻った感じです。

eurosさん、こんばんは。

ウスバシロチョウは、南大沢でもいるのですが、長池公園では1度だけ撮影されていますが、繁殖してはいないようです。
この辺りが限界ですね。でも、繁殖地を広げているという話は良く聞きます。
ゼフィルスも少しづつ出始めています。
また、おいでください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« エゴシギゾウムシ | トップページ | アオバセセリ »

2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31