無料ブログはココログ

« ナンキンハゼの花 | トップページ | アカハネナガウンカ »

2012.07.29

コブクチブトサルゾウムシ

コブクチブトサルゾウムシが、長池公園にいると聞いても、何それと言う感じであった。

昨年、昆虫の師匠のTさん(勝手にこちらでそう思っているのだが)から、このゾウムシについて聞いた時のことである。
だいたいゾウムシ類は小さくて肉眼では良くわからないし、あまり今まで調べてもいなかった。
ところが詳しく聞くと俄然興味を持ち、是非今年は見たいと思うようになった。

Tさんが、オカトラノオにいるのを見つけたが名前がわからず、ゾウムシの専門家に聞いたところこの名前を教えてくれて、大変珍しいゾウムシとのこと。その専門家の方が長池公園まで来て、Tさんが案内して調べていったそうです。そして食草もわかっていなかったのが、オカトラノオとわかり今年専門書にTさんと連名で発表したとのことです。


今年の5月、Tさんにオカトラノオにしがみついていた3mmくらいの小さな茶色いコブクチブトサルゾウムシを教えてもらった。

A5048303ww800


ちょっと揺れても地面に落ちて逃げてしまうので、手で受け止めて撮ったのがこれです。

A5209345ww800


なるほど、瘤があって口太です。
マクロで撮って相応トリミングしてあります。
何しろ肉眼では良くわからない。

死んだふりをして体を丸めると、脚も口もなんだかぴったりと隙間に入ってまん丸になってしまう。

A5048304w800

オカトラノオは沢山あるのだが、なかなかこの虫は見つからない。
でも、これからはオカトラノオが出てくる5月に、食痕の葉の丸い小さな穴を見つけたら、このコブクチブトサルゾウムシを探してみる事になりそうだ。

Webで探すと、長池公園と寺家の記事だけが見つかった。それもごく最近の写真であった。

ゾウムシの世界は、まだまだわからないこともたくさんあるようで、面白そうだ。

ゾウムシのすべてにピントが合った驚くような写真を発表している小檜山賢二さんの「虫をめぐるデジタルな冒険」を読んでいるが、これがまた面白い。

その話はまたの機会に!!

« ナンキンハゼの花 | トップページ | アカハネナガウンカ »

「昆虫」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

こんなに小さいと撮影も難しいですね。
おおきさは、カシルリオトシブミぐらいでしょうか?

森のきのこさん、こんにちは。

2.6mmなので、カシルリオトシブミより1mmくらい小さいですね。
3mm以下のゾウムシって、かなりいるようですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ナンキンハゼの花 | トップページ | アカハネナガウンカ »