無料ブログはココログ

« 小さなトンボ3 (クロイトトンボ) | トップページ | 大きなトンボ  (ウチワヤンマ) »

2012.08.21

小さなトンボ4 (アジアイトトンボ)

今年は雨が少なく、小さな池は水が干上がっているところもある。
野津田公園の湿性植物園にトンボがいないかと行ってみたら、池にはまったく水がなかった。

小さなトンボ4番目の登場は、アジアイトトンボです。
24mm~34mmほどの小さなトンボで、これもイトトンボ探しの眼にならないとなかなか見つけられない。

これなどは葉の正面にいたので、まだ見つけやすかったが、何しろ止まっているところを見つけるのは大変。

A8184095w800


この写真を拡大するとこのようにきれいなイトトンボですが、何しろ小さくて、肉眼ではなかなかこんな風には見ることが出来ない。

A8184095ww800


♂は、やや緑色の体に、腹部第9節の青い色が目立つ。

A8204204w800


交尾しているところを見ると♂と♀の腹の太さの違いがわかる。
♀は全身が淡い緑色で、腹部先端の青い色はない。

P8174668w800

未成熟の♀はオレンジ色をしている。

A8174083w800


こちらは少し成熟してきた♀。
前の写真の4日後に同じ所で撮ったのだが、同じ個体かどうかはわからない。

A8214251w800


♀は成熟すると背中側は黒くて、上から見ると真っ黒に見えた。

A8204236w800


更に同じ個体を前から撮ってみた。

A8204226w800


アオモンイトトンボに似ているが、アジアイトトンボはもっと繊細で小さい感じである。


« 小さなトンボ3 (クロイトトンボ) | トップページ | 大きなトンボ  (ウチワヤンマ) »

トンボ」カテゴリの記事

コメント

お尻の青がネオンみたい。
小さくて細いのによく見つけられますね。
しかも終始動いているのに。難しい被写体です。
裸眼でも矯正(私はコンタクト)しても
だんだん眼が見にくくなっていくのが寂しいです。

緑の惑星人さん、こんばんは。

同じく、小さいのは見つけにくくて苦労しています。

動いているのは見つけやすいので、それがとまったら、どの茎なのか葉なのか特徴をしっかり覚えて、カメラを準備するのに眼を放したらわからなくなった! と言う事がないように注意してます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小さなトンボ3 (クロイトトンボ) | トップページ | 大きなトンボ  (ウチワヤンマ) »