« アリジゴク | トップページ | セセリチョウの吸い戻し »

クワガタ

昨日、清水入緑地脇の遊歩道の上で、じっとしている甲虫を見つけた。
それも、自転車でひきそうになりながら通り過ぎたが、いやに大きめの甲虫だなと思って戻ったのだった。
かなり弱っているが、クワガタのメスだった。
持ち帰って種別を調べてから放そうと思い、家で撮影した。

A9124857w800


大きさは32mmくらい。

さて、コクワガタにしては大きいし、ノコギリクワガタの♀かな。

調べてみると♀は識別が難しいとある。

そう言えば、今までカブトムシはたくさん撮影したが、クワガタはあまり撮影したことがない。

以前撮影した写真を調べてみた。

これはスジクワガタの♀かな。

A8174078w800


これは、体長何mmかは測定はしなかったが、かなり大きい。
でもコクワガタの♂だろう。

A5279813w800

スジクワガタでも大型や中型の♂ではスジがないと言う。
大きさは個体によってずいぶん差があって、一概に何mmだから種類は何と言えないようだ。
前脚の形状や、大顎の内側の歯の形まで、しっかりと撮影しないとわかりにくいとのこと。

これからは、注意してみることにしよう。


|

« アリジゴク | トップページ | セセリチョウの吸い戻し »

コメント

私が多摩丘陵で見たクワガタムシは、ノコギリクワガタ、コクワガタ、スジクワガタ、ヒラタクワガタです。
クワガタ探しなら、丘陵よりも河川敷のヤナギの方が、見られる数も多いですね。

投稿: 森のきのこ | 2012.09.21 21:42

森のきのこさん、こんばんは。

そうですか、河川敷のヤナギの方がいいですか。
来年は少し河川敷を探してみますか。

やっと、涼しくなってきましたね。
少し写真が撮りやすくなって、キノコも撮りたいなと思っています。

投稿: 秀 | 2012.09.22 19:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アリジゴク | トップページ | セセリチョウの吸い戻し »