« ヒメアマツバメ | トップページ | 秋晴れの日のチョウ »

秋の渡りと冬鳥

所用でしばらく写真が撮れませんでしたが、秋晴れの今日、久しぶりに長池公園に行ってみた。

里山クラブの畑のところに、保育園の子供たちがたくさん来ていてにぎやかだったが、ジョウビタキの声がヒッヒッヒと聞こえる。

やがて、子供たちが戻って行って静かになると、アカトンボをくわえた小鳥が飛んできて高い枝にとまった。

双眼鏡で見ると、南へ帰る渡りの途中のヒタキの仲間のように見える。
あっという間に赤とんぼを食べてしまった。

Aa246435w800

腹は白く、眼の前も白く、くちばしの下はオレンジ色。
コサメビタキのようだ。

横向きも一瞬見せてくれた。

Aa246430w800


コサメビタキはこれから越冬地の南の国へ行ってしまう。

そのあとに鳴いていたジョウビタキのメスが出てきた。

Aa246439w800


こちらは冬鳥で、春までいてくれる。

|

« ヒメアマツバメ | トップページ | 秋晴れの日のチョウ »

コメント

今日は~、秀さん。

渡り鳥のシーズンなんですね?
何だか、ついこの間まで暑い、暑いと言っていたかの
様な気がしたんですが、季節が巡るのが早いですね。

投稿: papurika | 2012.10.25 15:15

papurikaさん、こんばんは。

そうですよね、ついこの間まで汗かきながら日影を探して歩いていたのが、日向が良い季節になってしまいましたね。
極端で、ちょうど良いのが少なく感じます。
冬鳥のシーズン到来ですね。

投稿: 秀 | 2012.10.25 21:01

コサメビタキ、かわいいですね~。
梢近くで飛んでる虫を捕ってるんだなとは思いましたが、
トンボも食べてたとは。
長旅に備えて食べまくっているんでしょうかね。

投稿: しまりん | 2012.10.25 22:34

しまりんさん、こんばんは。

そうなのですね、コサメビタキは小さいですが、トンボを食べていました。
まあ、南の越冬地までは遠いので、ものすごい食欲なのでしょう。

投稿: 秀 | 2012.10.26 17:37

舞岡でもコサメを見かけましたが、60mmマクロしか持っていないときだったので、撮れませんでした。orz
ヒタキ系は目が可愛くて、撮りたくなる被写体ですよね。

投稿: Akakokko | 2012.10.28 14:36

Akakokkoさん、こんばんは。

最近はめったに鳥は撮らないのですが、冬はやはり昆虫が少ないので、鳥になりますね。

南大沢でコサメビタキを撮ったのは初めてです。

投稿: 秀 | 2012.10.28 21:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヒメアマツバメ | トップページ | 秋晴れの日のチョウ »