無料ブログはココログ

« 秋晴れの日のチョウ | トップページ | カツラの紅葉 »

2012.10.31

10月下旬の虫たち

10月31日ともなると、いよいよ寒くなってきた。
どうも、ちょうど良い時期はほんのわずかですね。

虫たちもだんだん少なくなって、野山を歩いてもなかなか出会わなくなってきたが、それでも少ないながら、最後の力で生きている虫や、これから冬越しをしなければならない虫を見ることが出来る。

成虫で越冬するキタテハがセイタカアワダチソウにいた。
Aa276656w800
春まで生き延びるキタテハは、どのくらいの率なのだろう。

こちらは蛹で越冬するジャコウアゲハ。
Aa316728w800
こちらも、鳥に見つからなくて春まで生き延びるのは何割あるのだろう。


ウラナミシジミは秋になるとこの辺りにもやって来るが、暖かい地方でないと越冬できない。
Aa276621w800
寒くて卵、幼虫、さなぎ、成虫のどれでも越冬できない土地なのに、毎年毎年やって来る。

キボシカミキリもまだいた。
Aa316711w800
左の触角も短くなり、かなり弱っている。
これも、成虫では越冬できない。

オオカマキリはイナゴのような獲物を食べていたが、接写したら睨まれてしまった。
Aa296677w800
これも卵の越冬なので、もう少しの命である。

これから、昆虫撮影はだんだん厳しくなるが、それでも少数ながらたくましく冬も生き残る虫たちがいるので、探し歩こうと思う。

« 秋晴れの日のチョウ | トップページ | カツラの紅葉 »

「昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋晴れの日のチョウ | トップページ | カツラの紅葉 »