« 蓼食う虫 | トップページ | 秋の渡りと冬鳥 »

ヒメアマツバメ

昨日の昼ごろ、南大沢駅前に行くとニュータウン通りにかかる歩道橋のところで、ヒメアマツバメの群れが飛び回っていた。

Aa176327bw800

トリミングしてみるとこんな感じで数羽ですが、全体では20から30羽くらいの群れでしょうか。

Aa176327aw800


時々、このブログでもヒメアマツバメを載せるが、気持ち良さそうにすごいスピードでビューンと飛びまわるのを見るとこちらも気持ち良くなる。
ついつい、いつまでも眺めてしまう。
どこかに餌とりに飛び去って全くいない時もあるが、夕暮れ時にはたいてい見ることが出来る。
でも、見ている人はほとんどいませんね。
こんなに見やすくてたくさん飛んでいるところはこの近所ではあまりありませんね。


ヒメアマツバメはツバメと付くが、ツバメの仲間ではなくアマツバメ目アマツバメ科の仲間で、日本では大きい順にハリオアマツバメ、アマツバメ、ヒメアマツバメといる。
ツバメのように尾が長くなくて、翼は鎌のように大きく、パタパタパタスーと言う感じで素早く飛ぶ。

Aa176313w800

この歩道橋の下の巣にいるのは、ヒメアマツバメ。
イワツバメが作った巣を利用していて、一年中いる。
ツバメのように電線や葦にとまったりしないので、じっとしているアップの写真はなかなか撮れない。
喉と腰が白いのが、飛んでいる時でもよく見るとわかる。
駅前を通った時には、飛んでいないかたまには空を眺めてみてはどうでしょうか。

|

« 蓼食う虫 | トップページ | 秋の渡りと冬鳥 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蓼食う虫 | トップページ | 秋の渡りと冬鳥 »