« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月の9件の記事

ツグミ

冬鳥のツグミは大群で渡ってきてだんだんと群れが小さくなり、遂には一羽づつで越冬する。
そして、また越冬地に向かう時に群れを作り始める。

遅い時は1月の末頃に現れることもあるが、今年は11月から見られるようになった。

昨日長池公園のほとりでツグミを見かけた。
ガマズミの実を食べに来たのだが、直後に散歩の人が通って飛ばれてしまった。

Ab298006w800

シロハラも見かけたが写真に撮れなかった。
ルリビタキも来ているようだ。
マヒワもまだ撮影出来ていない。

築池には相変わらずカルガモだけ。

Ab298015w800


オナガガモはめったに来ないのだが、一昨日現れて、一晩で飛び去ってしまった。

コゲラが、シジュウカラやメジロの混群の中にいた。

Ab298034w800

| | コメント (0)

高尾山

高尾山には時々出かけるが、主に人込みを避けて裏高尾であり、表側には何年も行っていない。
ミシュランに載ってから、何しろ大勢の人が来るようになり、すごい混雑と言うのは良く聞きている。

もう10年以上前になるが、野鳥の会東京支部の高尾山観察会に良く出かけ、ムササビの観察で夕方から登ったりもしていた。
最後は、8年前に6号路にコミヤマスミレを撮影に行った時である。

それ以来であるが、友人たちとのんびり登ろうと言う事になり、先週の平日に出かけた。
その前の日曜日は、すごい混雑だったと言う事で、車はやめて電車で行くことにしたが、南大沢からだと新宿からと同じくらい時間がかかり交通費は高い。
南大沢は八王子市だと言うのに!!

高尾山口の駅2階にレストランがあったが、8年前にもあったかな??

Ab197402w800

平日ではあるが、やはり10時ごろでは、駐車場はすべて満車だった。
観光バスでツアーで来る人が多いのでびっくり。

友人たちは1号路を登って行ったが、私は足を痛めていたので、ケーブルカーにした。
ところが、平日でも50分待ち!!
歩いた方が早かったが、ケーブルカーからの紅葉はきれいだった。

Ab197412w800

薬王院、頂上の込み具合は、平日にもかかわらずものすごく、頂上の立派すぎるトイレにビックリし、曇って富士山も見えないので、写真もほとんど撮らなかった。
頂上を少し城山方面に降りて、5号路、3号路を通るとこちらはすいていた。
途中、細い山道でレスキュ―隊の2人がすごい勢いで走ってきた。

しばらく行くと、消防署のバイクが2台停めてあった。

Ab197431w800

そこから薬王院への道では、2台の軽の救急車が来た。
何千、何万の人だと怪我人も毎日のようにいるようだ。

帰りもケーブル、ロープウェーは40分待ちと言う事で、下りならいいかと1号路を歩いた。

ここまでの写真が乗物ばかりだったので、最後に山道で11月なのに咲いていたエイザンスミレの写真を。

Ab197433w800

今日は、途中の茶店で蕎麦を食べようと入ったらラーメンしかなくて、それもぬるかった。下に降りてから、コーヒーを飲んだら、インスタントのようなコーヒー少量で350円だった。
まあ、良いお店もたくさんあるでしょうが、今回は、はずれだった。
うーん、この人気はいつまで続くのでしょうか。

高尾山は、地形上、気候上、その他複雑な関係から、野鳥、昆虫、植物も非常に種類が多く、大変貴重なところです。
しばらくは、表の人込みの高尾山には行かないで、周辺の人が少ないところにします。


| | コメント (6)

一瞬の出会い

300mmズームレンズの試写2日目で、また南大沢地区では何年振りかの鳥に出会いました。
場所は南大沢某所とさせてください。

アオジが暗い所にいたので、撮ろうとしていた時に、地面から飛び出た鳥がいた。
きれいなオスのミヤマホオジロだった。

数枚撮ったのですが1/60秒ではブレブレで、急いでISO2000にあげて1/400秒で撮ったものです。

Ab217663w800

遠いのでトリミングしてあり、さらに感度上げすぎで良い写真ではありませんが、証拠写真として見てください。

約10秒くらいいたでしょうか。
茂みに入った後はもう全く現れませんでした。


どういう理由かわかりませんが、去年とは違って今年は色々と出会いがありそうです。

| | コメント (4)

アカゲラ

今年は冬鳥の情報が相次いでいるが、アカゲラの情報も多い。
そして、今日の昼ごろ長池公園でもアカゲラを見ることが出来た。

Gさんと、長池のほとりでヒガラを撮影していると、大型の鳥がサーと飛んできた。
久しぶりに見るアカゲラのメスであった。

非常に元気でじっとしていない。
でも何とか一枚だけ撮影出来た。

Ab207475w800


実は今日午前中に届いたばかりの、ミラーレス一眼用の300mm望遠ズームレンズでの試写でアカゲラが撮れたのは嬉しい。

OLYMPUS E-P3 に、M.ZUIKO DIGITAL 75-300mmをつけての撮影である。
35mm換算600mm相当。
何より、今までのフォーサーズ用の300mmよりもオートフォーカスが的確で早い。

この時は、暗いのでISO800にして撮影し、トリミングしてあります。

何しろ一番の利点は、総重量が840gの軽さである。
以前使用していた明るくて大型の望遠レンズは、やはり良く撮れるが、何とも重いし更に三脚が必要となるので、よほどの時でないと私はもう戻れないですね。

| | コメント (2)

ラッパイチョウ

昨日、南大沢から少し離れているが、八王子みなみ野駅から徒歩10分ほど、八王子市兵衛2丁目の熊野神社に行ってみた。
鳥居と急な階段、その途中にはイチョウの木とアラカシの木が見える、古くからある神社です。

Ab137149w800


見たところ、普通のイチョウの木ですが、なんとこのイチョウの木は東京では唯一のイチョウらしいです。
こんな立札があり、ラッパイチョウとのこと。
9年ほど前(2009年)に見つけられたと言う事です。

Ab137154w800


夏に行った時には落ち葉が少なく見つけることができなかったのですが、今度は落ち葉も増えてきたので見つかりました。
つまり、ほとんどが普通のイチョウの葉なのですが、中にこんな筒状の小さな葉が混ざっているのです。

Ab137168w800

通常の葉より小さく、このくらいの大きさです。

Ab137175w800

探して見ると、葉に切れ目があり少しだけラッパになっている物や、完全にラッパ状のものやいろいろありました。

Ab137203w800


ところが、落ち葉ではなく木についている葉を見つけるのは容易ではありませんでした。
真ん中にあります。

Ab137171w800


きっと、まだ知られていないラッパイチョウはまだあると思いますが、発見するのは大変でしょうね。

| | コメント (6)

秋の種まき

今年は、昨年と違って冬鳥が多そうだとのことで楽しみですね。
マヒワ、ミヤマホウジロ、ウソ等もこの近郊で見られているようですが、残念ながら、まだ私はお目にかかっておりません。

これは、先週撮影した写真です。

Ab076905w800


スミレの種を真上から撮影しました。
スミレは春の花ですが、今頃なんで種が出来ているのでしょうか?

長久保の交差点を通りかかったら、たくさんスミレの葉が、アスファルトの本当に狭い隙間にびっしりと出ていた。

Ab076911w800

ここの交差点は、春に沢山のスミレの花が咲くので、ついつい毎年見に行ってしまうところである。
スミレは春に花をつけるが、その後も蕾を作り、花を咲かせないで(閉鎖花)、自家受粉で種をせっせと作るそうです。

近寄ってみると、種を作っているところ、種をまこうとしているところ、種をまいた後と、いろいろ見られた。

Ab076910w800


でもこの写真では、11月とはわかりませんよね。

そこで、街路樹のカツラの紅葉も入れてワイドレンズで証拠写真を撮りました。

Ab076917w800


来年も、花が咲くころに歩道の草刈がされなければ、たくさんのスミレの花が見られそうです。


| | コメント (4)

大イチョウ

今日は一日雨で寒くなり、夕方には濃い霧となった。
もう少し早い時間ならば、写真が撮れたのだが、5時近くでは暗かった。

今日も大きな木の話題ですが、イチョウです。
イチョウの大木は、この近辺でも沢山ありますが、これはナンバーワンでしょう。

多摩センターからほど近い、八王子由木東事務所の隣にある大塚の大イチョウです。
大きな大きなそれは見事なイチョウの木で、樹齢500年と言われている。
10月下旬では葉も緑ですが、ギンナンが沢山なっていて、もう落ちているのを拾いにく来ている人もいました。
まあ、ギンナンの量もものすごいと思われます。

Sa300139w800


もともと大塚神明社境内のイチョウでしたが、木だけ残り、神明社は八幡神社境内に移され今はありません。

Sa300138w800

さて、このイチョウは看板にあるように樹高30m、幹の周囲7m、そして樹齢500年と言うと、なんと戦国時代ではありませんか。
古いイチョウの木に出来る気根がすごく、確かにこの木を見ると戦国時代からの変遷を見てきた、そんな感じがします。

Sa300146w800

すぐ隣に多摩モノレールが走っていますが、戦国時代生まれのイチョウは、まさか隣にモノレールが走るとは思っていなかったでしょうね。

Rc052956a4w800


12月初旬になると、見事な黄葉となり、地面は黄色いじゅうたんとなります。
晴れた日には黄色く輝きそれは見事です。
隣にある2本のイチョウも十分大木なのですが、この大イチョウの隣にいたのでは影が薄いです。

なおこの写真は、昨年12月5日に撮影したものですが、多摩都市モノレールの「モノレールと多摩の風物詩」に出したところ、2013年カレンダーの11月分に採用されました。


| | コメント (8)

ポプラ

南大沢駅近くに、一本のポプラの木がある。
たしか多摩センター駅の近くにもあったと思うが、町並みの中なので目立たない。
ここは、まわりに高い建物がないので遠くからでも良く見ることが出来るが、どうもフェンスがあるのが邪魔かな。
このところ近くで撮影したいなと思うだが、叶わないでいた。

以前は駐車場か何かで近寄れたのだが、その後フェンスにさえぎられて、至近距離での撮影が出来なくなってしまった。
最近、ヤマザキ学園大学の敷地になったようで、そばにログハウス風の建物も出来て、なかなか良い感じである。
昨日、学園祭があったので、近寄って撮影出来るのではと初めてヤマザキ学園大学に行ってみた。
動物看護の学校なので、今日は移動動物園が来ていて、子供も大人も、ヤギ、ヒツジ、七面鳥やその他の小動物等々と触れ合っていた。

Ab046858w800


この真ん中の木がポプラです。


近づいてみると、以前よりだいぶ高くなっていた。
下側にあるフェンスをカットして、南大沢5丁目方面をバックに撮影する。

Ab046853w800


これも、右側にあるフェンスをカットして南大沢駅方面をバックに撮影する。

Ab046851w800


ポプラと言うと札幌の北大構内のポプラ並木が有名だが、昨年久しぶりに行ってみるとかなり老木になって以前の真ん中の歩道は通行禁止で、左の道を通行路としていた。

Ac234163w800


ここまで大木になるには、この南大沢の木はあと何年かかるのだろう。


南大沢のポプラがどういう経緯で植えられたのかわからないが、並木は無理にしても、せめて数本並んでいるとさらに良かったのになあと思った。


| | コメント (4)

カツラの紅葉

北国や山では紅葉が真っ盛りのところがあるが、南大沢でも、徐々に紅葉が進んでいる。

陽あたりの良いところではカツラの紅葉が始まっている。
大平公園でも、清水入緑地の遊歩道でも、柏木小から首都大の西側のバス通りの街路樹でも、カツラは色付き始めた。

清水入緑地遊歩道のカツラ(手前のケヤキも黄色くなっているが、後ろのコナラはまだ緑が濃い)
Ab016736w800


逆光だと、黄色い丸い葉がきれいに見える。
Ab016747w800


この時期、この樹のそばを通ると甘いかすかな匂いがする。

これを醤油の匂いとか、煎餅の匂いとか、キャラメルの匂いとか言われる。
この芳香成分は、「マルトール maltol 」と言うらしい。
緑や黄色の木に付いた状態の葉ではあまり匂わないが、落ち葉になって地面で少し湿ると匂うようである。
Ab016743w800


カツラの木があったら、お試しください。

| | コメント (12)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »