« コバノタツナミ (小葉の立浪) | トップページ | キンラン花盛り »

やっとこの時期のコムラサキ幼虫を撮影出来た

コムラサキという蝶がいる。
日本の国蝶とされているオオムラサキよりも小さいのでコムラサキ。
この辺りでは、本当に運が良くないと飛んでいるのを見ることはできない。

この時期に、オオムラサキやゴマダラチョウ、アカボシゴマダラの幼虫は見たことがあるが、コムラサキの幼虫は見たことがなかった。
越冬するコムラサキの幼虫は見ているのだが、大きくなった幼虫をぜひ見たいと毎年思っていて叶わなかったが、、昨日ようやく見ることが出来た。
見つけたGさんに感謝である。

何とも、良い顔をしていた。
仲間の4種の中でも、一番すっきりした顔である。

A4265431w800


寝ている横顔もいいし、背中の突起も小さいのが一つだけでスマートである。
A4255174w800


まだいるはずと探すが見つからない。
でも、なんとGさんはもう一匹見つけてしまった。

この柳の葉の中にいますがわかりますか?
写真をクリックして拡大してみてください。
A4255170w800


中央よりやや右にいます。


拡大するとこんな感じです。
A4255170ww800


更に近寄って撮影しましたが、フラッシュ撮影なのでシルエットにならず、葉と同色ですね。
A4255177w800


反対向きなら背の模様が葉脈の向きと同じでさらにわかりにくいだろうと思うのですが、幹の方を向いて寝るのが好きなようです。

念願がかなったのと、あまりにスッキリとかわいいので、一目で気に入ってしまった。

無事に羽化出来て、毎年見られると良いのですが。

|

« コバノタツナミ (小葉の立浪) | トップページ | キンラン花盛り »

コメント

秀さん、昨日はありがとうございました。
コムラサキ幼虫、正面顔がほんとカワイイですね。
角?の先端がちょこっと赤いのも、オシャレな感じ。
こうなったら、蛹も見つけたいですね!

投稿: しまりん | 2013.04.26 20:41

こんな可愛い幼虫がいるなんて知りませんでした。

投稿: ふたば | 2013.04.26 20:57

こんばんは

だいぶ大きくなっていますね。
ここから蛹になるまでは、子育て時期の野鳥から運よく逃れられなければなりません
羽化している写真を期待しています!

投稿: 森のきのこ | 2013.04.26 21:06

シマリンさん、こんばんは。

探してくれて、感謝です。
見たい見たいと思っていたので。
予想以上に可愛いですね。
幼虫あと何匹か探してください。望遠鏡でじっくり探しても見つからないです。

投稿: 秀 | 2013.04.26 21:45

ふたばさん、こんばんは。

タテハチョウの仲間は、なかなかユニークな幼虫が多いですよ。
見やすいところにいたら教えますので見てください。

投稿: 秀 | 2013.04.26 21:49

森のきのこさん、こんばんは。

やっと見ることができましたが、森のきのこさんの写真とは少し顔が違いますね。何令幼虫かの違いですかね。

そうですね、これからが鳥に狙われやすいですね。

投稿: 秀 | 2013.04.26 21:54

まるで緑のナメクジ。こういうのなら結構カワイイかも。
しかし葉っぱと同化した色彩ですね。
先日ウワミズザクラをアップで撮っていたら
花の中心に普通の大きな青虫がデーンといて、
パソコンで見るまで気がつきませんでした(撮影中は葉っぱかと)

投稿: 緑の惑星人 | 2013.04.28 00:36

緑の惑星人さん、こんばんは。

まあ、虫も天敵に食べられないように擬態しますからね。
本当にわかりにくいのがいます。
今年は丸まった枯葉そっくりのムラサキシャチホコを探したいのですが、見つかるかな。

投稿: | 2013.04.28 21:27

どうして秀さんにはこれがコムラサキの幼虫だと
お分かりになるのでしょうか???

食草とかからでしょうか???

すみません。
ドが付く素人の質問で(^^ゞ

投稿: papurika | 2013.04.28 22:25

papurikaさん、こんばんは。

冬に、越冬幼虫を見つけていたからです。
http://minam.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-f6fa.html

食草がヤナギであることからもコムラサキです。
顔が微妙に違いますね。

投稿: 秀 | 2013.04.29 23:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コバノタツナミ (小葉の立浪) | トップページ | キンラン花盛り »