« ミゾソバの葉が穴だらけ | トップページ | 秋晴れの日 長池公園 »

ミゾソバとオオミゾソバ

今日は、八王子で31.5℃だったようだ。
風はあるが、それにしても暑い。

前回のミゾソバを食べるゾウムシは、長池公園の第一デッキでは沢山見かけたが、田んぼにあるオオミゾソバにはほとんどいなかった。
何故なのだろう。

まず、ミゾソバとオオミゾソバは何が違うのか。
葉を見るとわかると言う。

こちらがミゾソバ。
5a084923w800


オオミゾソバは、葉柄があり、葉の切れ込みが深い。
A9295240w800

オオミゾソバは草丈も大きく、花も若干大きいようだ。
花の色はそれぞれに薄いのから濃い色までいろいろなので、見分けるのは難しいと思える。
更に、オオミゾソバは枝を地下に伸ばし閉鎖花をたくさんつけると言うが、これは確認はしていない。


ゾウムシは基本的にあまり移動はしないようなので、ミゾソバとオオミゾソバの違いではなく、単に場所の違いではないだろうか。
たまたま、第一デッキで今年は大発生したのではないだろうか。
もっとも、今までもこんなに発生していたのかはじっくり見ていないので何とも言えないが。

|

« ミゾソバの葉が穴だらけ | トップページ | 秋晴れの日 長池公園 »

コメント

こんにちは。
オオミゾソバは初めて聞きました。
葉柄と大きさですか。
今度、見比べてみます。
有り難うございました。

投稿: 多摩NTの住人 | 2013.10.18 07:52

多摩NTの住人さん、こんばんは。

場所によって花の色が違ったり、ミゾソバも微妙な違いがありますが、オオミゾソバというのがあると聞いて、いろいろなところで写真に撮っています。
ぜひ、調べてブログに載せてください。

投稿: 秀 | 2013.10.18 21:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミゾソバの葉が穴だらけ | トップページ | 秋晴れの日 長池公園 »