« 小山田方面 | トップページ | チョウゲンボウ »

樹皮下で越冬する虫を撮る

デジカメの進歩で微小昆虫も簡単に撮れるようになった。
でも、本当にきちんと撮ろうとすると、今の機材をもってしても簡単にはいかない。

まだまだ、狙っているようには撮れないが、少しは上達しただろうか。

寒くなって、虫も少なくなってきたが、樹皮下で越冬するゾウムシがいることを知り、今でも撮影を楽しんでいる。

一番多いのはケヤキ樹皮下のヒレルクチブトゾウムシ。
5b247319w800

色がいろいろバラエティーに富むアカアシノミゾウムシ。
5b267444w800

これは、コゲチャホソクチゾウムシだろうと思う。
5b197094w800

やはり、ツインストロボを使うと光がまわって自然に撮れる。
これらは、2mmほどから、5mmほどだろうか。
被写界深度が浅いので絞って撮る。
光のまわり方など、まだまだ、いろいろと工夫をして楽しんでいる。

|

« 小山田方面 | トップページ | チョウゲンボウ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小山田方面 | トップページ | チョウゲンボウ »