無料ブログはココログ

« 樹皮下で越冬する虫を撮る | トップページ | スミレの種 »

2013.12.01

チョウゲンボウ

多摩ニュータウン通りのイチョウは葉も落ちてしまったが、大きなイチョウほど落葉は遅いようだ。
清水入緑地のイチョウは小さかったのだが、今や大木になってきて、陽当たりの関係もあると思うが、黄葉も遅いのだが、12月になり散り始め黄色い絨毯が出来つつある。
5c017524w800

そこで見上げたら、小さなタカが飛んできて、高圧線にとまった。
オオタカや、チョウゲンボウは時々飛んでいるのは見かけるが、なかなか写真には撮れない。
今日は300mmズームを持っていたので、急いで交換し、手持ちで真上を向いて撮ってみた。
5c017513w800

やはりチョウゲンボウのようだ。


すぐにカラスが近寄ってきて飛び立ってしまったが、やはりタカが見られるのはうれしい。

今年は昨年の冬鳥ラッシュの反動か、あまり見かけないが、寒さが増すと増えてくるのだろうか。

« 樹皮下で越冬する虫を撮る | トップページ | スミレの種 »

「野鳥」カテゴリの記事

コメント

先週、家の近くを歩いているときに、小型の猛禽が前を横切り、20mほど離れた駐車場の隅で群れていたスズメを襲いました。狩りが成功したかどうかは不明。誰なのかも分かりませんでしたが、チョウゲンボウだったかも…? こうして高いところから獲物を狙っているんでしょうね。もっとじっくり見たかった。

しまりんさん、こんばんは。

オオタカやチョウゲンボウは結構飛んでいるところは見ますが、じっくりはなかなか見れませんね。

そう言えば、しまりんさんのベランダには沢山鳥が来ますが、以前チョウゲンボウか何かの猛禽も来たのではなかったかな??

こんにちは。
ご無沙汰でした。
ようやく出てまいりました。
お見舞いのお言葉を頂戴しまして有り難うございました。

多摩NTの住人さん、こんばんは。

良かったですね。
あわてずに徐々に体調を戻してください。
まだまだ紅葉も残っていますよ。

ブログを楽しみにしていますが、更新も無理しないでください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 樹皮下で越冬する虫を撮る | トップページ | スミレの種 »