無料ブログはココログ

« チョウゲンボウ | トップページ | 高田誠写真展 »

2013.12.03

スミレの種

交差点にスミレがたくさん咲くのは何度か載せましたが、ここは春の花の咲く時と、秋から冬の頃にも撮影したくなって行ってしまう。

そして、昨日撮影したのがこれです。
5c027628a3w800


スミレは春に花を咲かせた後も、次々と種を作るが、それは咲かない閉鎖花の状態で、自花受粉する。

こんなに寒くなっても、まだ蕾状態のものがあり、これで受粉するようだ。
5c027639w800


上の写真のように種が見えるようになると、さやが閉じる方向に力が加わり、種は数m飛ぶそうだ。
今度はそれを見てみたい。

« チョウゲンボウ | トップページ | 高田誠写真展 »

「野草」カテゴリの記事

コメント

まだこんな種状態で残っているんですか?
面白い配列ですね。
未だにスミレの種って見たことが無いので。
でも飛ぶ瞬間を追うのはとても難しいですよ。

緑の惑星人さん、こんにちは。

小さいけれど、写真に撮るととても面白い。
挑戦してみてください。
飛ぶところを撮るのは至難の技で、動画ですね。

部屋の真ん中に置いて、どのくらい種が飛んだか調べた人がいて、3.5m飛んだとか。
半径3.5mの部屋というと、大きな部屋ですね。

こんにちは。
この姿は時々道端で見られますね。
種は数メートルも飛ぶんですか。
ツリフネソウやカタバミは触ると弾けるのでわかりますが、スミレは触って弾けるというのではないですよね。私も見てみたいですね。

多摩NTの住人さん、こんにちは。

体調、良くなってきたようで良かったですね。

たぶん種は飛ばされて、あとは転がったのでしょうが、あんなに小さいのにすごいですね。

もっと遠くへは、アリに運んでもらうという戦略のようですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« チョウゲンボウ | トップページ | 高田誠写真展 »

2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31