« サイハイラン | トップページ | 台風一過 »

カルガモ親子

先月カルガモの親子の記事を載せましたが、その後もカルガモ親子を時々見かける。

多摩ニュータウン通りを通行していた時に、信号停止でふと中央分離帯を見ると、カルガモのヒナが6羽くらいピーピーと鳴きながら茂みの中を歩いている。
親もいるようだが、ここからどうやってこの通行量が多い通りを渡るのだろうか??
カルガモの親は、子育てを考えないで巣を作ってしまうのだろうか?

今日、長池公園の姿池にカルガモ親子がいたとGさんに教えてもらった。
行ってみると、ヒナを2羽連れたカルガモがいた。

56099574w800


きっと、せせらぎの方で生まれたヒナを連れて、築池を目指し、ここまで来たのだろう。
しかし最後の階段が難関で、ヒナが登れない。
親が必死に呼びかけて、何十回もジャンプを繰り返すが、どうしても登れない。

56099576w800

親は遂にあきらめた。

56099578w800


姿池の一番上流のトンネルを通って、築池から滝のように水が流れてくるところへ入ってウロウロしている。
でもここはもっと段差が高く無理。
やがて又元の方へトンネルを通って戻って行った。
何かレンガかブロックを置けばよいのだが、どこかにないかとキョロキョロしたが、何にもない。

56099581w800

あれ、いつの間にかヒナが1羽登った。
でも、もう1羽はこのジャンプでは登れない。

56099590w800

もう1羽は、その後も何度もジャンプするが失敗。
ところが、兄貴?が登ったのならとジャンプを繰り返し、ついに登った。

56099591w800

親はホッとした顔(だと思うのだが)で、足取りも軽く次へ進んで草むらを登り始めた。

56099593ww800


これで築池にたどり着けるだろう。
でも、成鳥になれるかはわからない。
カラスが2羽周りにいたし、築池には大きなブラックバスもいるだろうし、苦難が続く。
田植えの済んだ田んぼあたりで大きくなった2羽のヒナに出会えるといいのだが。


|

« サイハイラン | トップページ | 台風一過 »

コメント

空白の時間に何があったのかよく分かりました(笑)。
あの段差を自力で登るとは、ヒナもなかなかたくましい!
2羽なら親の目も届きやすいだろうし、無事育ってほしいですね。

投稿: しまりん | 2014.06.09 18:26

ちょうど良い時に行ったみたいです。
側溝の網目状の蓋の重たいのを斜めに置いてあげたのに、気がつかないのか、無視されてしまった。
でも、根性で登ってました。
教えてもらって、なかなか面白い場面が見れました。

投稿: 秀 | 2014.06.09 18:55

こんにちは。
カルガモ奮闘の様子を上手く撮られましたね。
無事に大きく育ってほしいですね。

投稿: 多摩NTの住人 | 2014.06.10 08:02

多摩NTの住人さん、こんばんは。

たまたま、良い時に出会ったみたいです。
昨日は、そのあと無事築池にたどり着いて泳いでいたようですが、今日はどこへ行ったのか見当たらなかったです。

投稿: 秀 | 2014.06.10 18:05

こんにちは。
カルガモの親子、かわいいですね!
カラスや天敵に襲われることなく元気に育ちますように。。

そうそう、聞いていただきたいことが。
最近、南大沢の都立大の前の道から南大沢5丁目方面にずっと歩いていった宮上中学校あたり一帯で、ハイタカ?ツミ?のような猛禽類に出会います。
彼らが生きていけるくらい自然が回復されたのか、マンションやらが建ち過ぎて、彼らが追われてそこにいるのかわかりませんが、出会った時はいつもお食事中で逃げる様子のない時です。

自宅近くで、身近に禽類を見つけたのは初めての事だったので嬉しくて嬉しくて、誰かに聞いてもらいたくて、こちらにコメントさせていただきました。

タカだけに限らず、たくましく生きる野鳥たちにはいつも心癒されますね。

投稿: ちょび男ママ | 2014.06.11 14:38

ちょび男ママさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。

ハイタカかツミに出会われましたか。
たぶんツミではないかと思いますが。
南大沢近辺で、ツミは毎年のように繁殖しているようです。
今年は5丁目の方なのではないでしょうか。
3丁目では、マンションのすぐそばの遊歩道の上の松でも繁殖したことがあります。

以前は、駅前でチョウゲンボウも繁殖したし、今でもオオタカを見ることもあります。

この地域は、だいぶ開発されましたが、緑地も残されているので、猛禽類も繁殖できるようです。

もし繁殖していれば、ちょうどヒナを育てているところではないかと思います。

投稿: 秀 | 2014.06.11 18:14

そうなんですね!
ありがとうございます。

昨日観察していたら、ツミの親鳥らしきオスが、まだ尾っぽ付近にもこもこした産毛の残った子供に餌をあげていました。
親鳥とはだいぶ身体の大きさが違いましたが、メスの幼鳥なのかな?
いろいろ思案しながら観察するのも楽しいものですね。

いつかチョウゲンボウやオオタカにも出会える日を楽しみに、野鳥を見守り続けたいと思います。

ありがとうございました!

投稿: ちょび男ママ | 2014.06.11 22:35

すごくかわいいですね。見守る母ガモもいい。
でもきっと、遠くで見ている秀さんの方が
親ガモ以上にハラハラしていたのでは?
階段をジャンプするところなんかは動画でも見たいですね。
このストーリーと雰囲気、まるで絵本を見ているよう。
最後のカットの親ガモの足どりもかわいい。

投稿: 緑の惑星人 | 2014.06.13 22:13

緑の惑星人さん、こんばんは。

そうですね、動画も入れるといいなあと思う事がありますね。
でも、両方というのはなかなか難しい。

最後は、母親はスキップしているみたいでしたね。
かれこれ1時間ぐらい苦労していたみたいですから。

投稿: 秀 | 2014.06.14 22:24

こんばんは。
私もカルガモを載せました^^
昨年は7羽中6羽が成鳥となりましたが、今年は4羽全滅です。
森林公園でもなかなか難しいですね。

投稿: steinm | 2014.07.02 19:17

steinさん、こんばんは。

相変わらず、良い写真をたくさん撮られていますね。

カルガモは残念でしたね。
こちらでも、最後には数羽になったり、いなくなってしまったりです。
カラス、猫だけでなくて、池で泳いでいて、水の中からパクリと言うのも有ります。

投稿: 秀 | 2014.07.02 21:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サイハイラン | トップページ | 台風一過 »