無料ブログはココログ

« イチョウの黄葉 | トップページ | 長池公園のカモ »

2015.12.23

冬至 首都大光の塔へ

昨日は好天に恵まれ、暖かな青空の冬至であった。

ここ数年、冬至に撮影したい写真があったのだが、何故かうまくいかなかった。
それは、天候のせいか、用事があったからなのだろうか???

昨日は、やっと実現でき、そして撮影できたのがこの写真。
写真はクリックすると大きくなります。

Mc227910w800


これだけ見ても、なんだ?と思うでしょうが、順に話すとこういうことです。

南大沢駅から首都大に向かう街路にナンキンハゼがあり、今は白い実がきれいだ。
その後ろに見えるのは、首都大の入り口にある光の塔である。

Mc227859w800

この塔はかなり目立ち、側面に午前用と、午後用の日時計がある。

Mc227868w800


冬至なので太陽の位置は低く、影は一番短く12時前をさしている。
この二つの日時計の間にある四角い窓の中央に、見にくいが丸い小さな穴がある。

Mc227870w800


そして中に入ると、その丸窓からの太陽光が床に当たっている。
その光を撮影したくて来たのだが、この撮影時刻は11時27分。
太陽の動きにつれてこの光が動いていく。

Mc227871w800


右手の階段を上がると塔の中に入り、吹き抜けで三角屋根の天井まで見上げることができる。

Mc227899w800


右手の丸い穴から太陽光が入る。

そして、大きな振り子時計がある。
これは、ドイツの教会にあったものを改造して、パイプオルガンを自動演奏するという素晴らしいもの。

実は外の日時計は、南大沢時間で太陽光が真南に来た時(標準時より19分ほど早い)に12時をなる。
丸い穴から入る光は、冬至には一番奥まで差し込み、12時丁度に最初の写真が撮れた。
こちらも、19分くらい前の南大沢での太陽が真南時にぴったり一致するのかと思っていたのだが、こちらは標準時であった。
この12時にできる光を季節ごとに描くと8の字になり、これをアナレンマという。
それが月ごとに床にプレートが埋め込まれている。
残念ながら夏至には太陽が高すぎて塔の壁に遮られ、床に届かないので、やはり冬至がいい。

1分後にはもう数cmずれてしまっていた。

Mc227914w800


実は先の振り子時計は大きく素晴らしいものですが、設置された時(1991年3月)よりかなり時間がたって動いていなかったのだが、2010年3月に修理され、音楽も流れるようになって、説明板も新設された。

その説明板がこちらです。

Mc227903aw800

Mc227903bw800


この説明がなければ、初めて訪れたものには全く分からない。
出来れば、外にあれば興味を示す人も多くなると思うのだが。

残念なのは、昨日は又振り子時計が止まってしまっていたことです。
そして、さらに残念なのは、昨日出会った方は2名の男の方だけだったということ。
12時頃に通りかかった学生達は全く興味を示さず素通り。
まして、外の光の塔の下を通りかかる一般の方は、ほとんど光の塔のことを知らないと思われる。
認知度がとても低い。
小さな子供たちも、これらについて説明すれば科学に興味を持つ子も出てくるだろうと思うのだが。

実は、光の塔については7年前に「首都大学東京 光の塔の謎」としてこのブログに載せた。
検索して見ていただく方も多いので、多少は役立っていると思うのだが。

こちらには、さらに詳しく、また制作した須藤さんからいただいた文章も載せてあるので、興味ある方は是非ご覧いただきたいと思います。

« イチョウの黄葉 | トップページ | 長池公園のカモ »

「旅行・地域」カテゴリの記事

環境」カテゴリの記事

「自然」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

当日、光の塔でお会いした者です。
光の塔について色々と教えていただき有難う御座いました。

私は今年の11月27日、サイクリングの途中に首都大壁面の
日時計らしき物に気が付きました。
帰宅後、気になってネット検索した所、このブログに詳しい説
明があり読ませていただいておりました。

自然が好きなので、これからもブログに訪問させていただき
たいと思っております。

marujiさん、こんばんは。

コメントありがとうございました。
光の塔の中でお会いした人は今までいませんでした。
遠くからこられて、話ができて良かったです。
冬至の正午ピッタリの写真も撮れて良かった。

南大沢季節便りは時々更新で、最近は南大沢昆虫便りばかり更新しておりますが、これからもよろしくお願い致します。

こんにちは。大変興味深く拝見しました。いつも横を通っていましたが、中に入ったことはありませんでした。春分や夏至のプレートもあるんでしょうか。

多摩NTの住人さん、こんばんは。

是非一度中へ入ってみてください。なかなか素晴らしいですよ。
振り子時計が止まってしまっているのが残念ですが。
階段を上がると、振り子時計の横まで行けます。

春分、秋分はありますが、夏至はないです。
太陽が高すぎて、壁の厚さに阻まれて床まで光が来ないそうです。

1枚目の写真を見た瞬間、多分あそこか?という見当がつきましたが、
この状況の写真は初めてです。面白い。というか凄い。
私も何回か中は入りましたが、よく観察していませんでした。
ところで南大沢周辺の色々な事がわかる本とかがあるといいですね。
*来年もどうぞよろしくお願いいたします。

緑の惑星人さん、こんばんは。

よく晴れた日の12:00に入るといいですね。

南大沢周辺案内本を、ぜひイラスト写真入りで作ってもらえませんか!! 応援します。

来年もよろしくお願い致します。

こんにちは。この記事に2度目のコメントで失礼致します。今年もいろいろお世話になりまして有り難うございました。来年もどうぞ宜しくお願い致します。どうぞ良いお年をお迎え下さい。

多摩NTの住人さん、こんばんは。

こちらこそお世話になりました。
らいねんも、楽しく写真撮影をしたいと思っています。

いろいろと教えてもらいたい場所などもありますので、来年も是非よろしくお願い致します。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イチョウの黄葉 | トップページ | 長池公園のカモ »