無料ブログはココログ

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月の3件の記事

2016.10.23

大栗川キャンドルリバー2016

昨日、大栗川キャンドルリバー2016が行われ、昨年都合がつかず参加できなかったので、初めて行ってみた。

南大沢側は太田川沿いの遊歩道、そして野猿街道側は大栗川の遊歩道にたくさんのキャンドルが並び、その二つの川の合流点まで続いて、三か所の公園では大勢の人が楽しんでいた。

太田川についた時は夕暮れを迎えるころで、紙コップで手作りされた中のロウソクが灯され、遊歩道に沿って浮かび上がっている。

Ma220693w800


 


LEDの電気的な明かりではなく、とても暖かい感じが良い。

二つの川の合流点は、大きな船のへさきのようで、両側は低く水が流れ街の明かりが写っている。

Ma220737aw800


 
消えてしまったロウソクをテントウしているのか火を持った少年が歩いていた。

Ma220726a3w800

 

この子は、自分が作ったキャンドルカップを探しているのだろうか。

Ma220729w800


 

松木えのき公園は住宅地脇なので暗いが、ここもきれいだった。

Ma220718a3w800


 
Ma220710w800


 

Ma220701w800


 
 
この場所と時間そのものが非日常なので、最後はリーニュクレールフィルターでの撮影です。
たまにこんなアートフィルターを使うのも楽しい。

Ma220802w800


 

 
以前からこの地に住んでいる住人と、多摩ニュータウンができて移り住んだ住人の交流を深めようと始まったのですが、このロウソク3万本の準備だけでも大変そうで、一日のイベントとしてはもったいないような気がしました。

今年行けなかった人は、ぜひ来年参加されてはいかがですか。


2016.10.14

カリン

一昨日、気持ちの良い秋晴れであった。

駅前の中郷公園を通りかかると、カリンの実が沢山なっていた。

Pa124257w800
 
 


ここには、何本かのカリンの木がある。

Pa124260w800


 
 
毎年なっているのを見るが今年も豊作のようだ。

なぜか、だんだん下の方はなくなっていく??

2016.10.04

ミズヒキ (TG-3深度合成)

どうも最近は昆虫の写真が多く、「南大沢昆虫便り」の更新が多くなってしまっている。

野草も好きなので、撮影はしているのですが、いつも同じのばかりという気がしている。

 


今回は、違ったアプローチです。

テーブルにミズヒキの白いのと赤いのを、妻が花瓶に入れて飾っていた。

「そういえば、この雌しべの先のクルリとしたのを何度も撮ったのだけど、ピントが合わなくて、いつもうまく撮れないんだよな。」と言ったら、「深度合成で撮ったら。」と返された。

なるほど、昆虫の深度合成はするけれど、このミズヒキはしていなかったなと、やってみた。

TG-3で撮ってみたが、やはり難しい。 

でも、何とか撮れたのがこの2枚です。

Pa01406175aw800


Pa01399215aw800


 


ミズヒキは近所にもたくさんあって、いつも見ていたが、これが実だとは知らなくて蕾だと思っていた時期があった。

花はとっくに咲き終わり、長い間この状態でいる。

実の状態で、花柱(雌しべ)がかぎ状に下方に曲がって、成熟するとこのかぎで動物にくっつき散布されるとある。

でも軟らかいカギなので、これでくっつくのかなあ。
 


さて、深度合成ですが、TG-3カメラ内深度合成でやるとISO感度が上がってしまうので、ISO200でフォーカスブラケット撮影して、CombineZPでパソコンでの深度合成です。

最近知ったTG-4用の記事を参考にして、TG-3ですが内臓フラッシュ撮影利用のフォーカスブラケットです。
MENUで、 撮影メニュー2 アクセサリー リモートフラッシュ RCに設定。
撮影は顕微鏡のフォーカスブラケットでフラッシュをRC、ISO200です。

30枚撮影の標準ステップで、使用したのは30枚のうち、ピントの合っている20枚くらいです。

フラッシュ撮影では撮影間隔が1秒おきぐらいなので、三脚を使用しました。

これなら動かない昆虫にも使えそうです。


2016/10/6 追記) 改造したライトガイドLG-1を使用しました。

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31